« レスリング部 | トップページ | 全国選抜大会出場ソフトテニス部 »

人間健康学部2年目 保健体育教員、認定心理士養成も

平成17年度に八戸大学に開設された人間健康学部は2年目に突入した。
 昨年着任した8名の教員に加え、今年度は新たに5名の教員が着任。保健体育の教員免許や認定心理士の養成も始まり、少子高齢化や地域社会のニーズに応えるべく教育研究活動を進めていくこととなる。
 これまで、保健体育の免許は東北地方の私立大学では宮城県の1校のみという状態が長らく続いていたが、人間健康学部が課程認定を受けたことにより、地元からの強い要請に応えられる体制が整った。さらに、人間健康学部では「認定心理士」の資格取得ができるよう心理学関係の科目を拡充した。認定心理士とは、日本心理学会が認定する資格で、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的な基礎学力と技能を修得していることが要件である。最終的には超党派議員連盟が国会に法案提出を目指している「医療心理師」の資格取得が可能となる体制を整える前段階としての位置づけであり、今後の国会での議論の推移を見守って対応していくこととなる。

(八戸大学:学院キャンパスだより創刊号より)

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

|

« レスリング部 | トップページ | 全国選抜大会出場ソフトテニス部 »