« 2級自動車整備士合格率向上で喜びの光星学院野辺地工学専門学校! | トップページ | のびのび すくすく 春らんまん »

プロ野球ドラフト3年連続指名!!

 Aoyama 昨年行われたプロ野球ドラフト会議で、本学野球部の青山浩二投手・内藤雄太外野手の2名が指名を受け、3年連続5人目となるプロ野球選手が誕生した。本学では過去2年は投手のみの指名であったが、今回内藤雄太外野手が野手として初めての指名を受けた。
 東北楽天イーグルスから3巡目で指名を受けた青山投手(函館工業高Aoyamanaito 出)は最速146キロの直球とキレのある多彩な変化球を操る好投手である。北東北リーグ戦では4年間で19勝0敗という好成績を残している。4年時には、春季・秋季リーグ戦でベストナイン賞を受賞する活躍ぶりをみせた。横浜ベイスターズから3巡目で指名を受けた内藤雄太外野手(横浜創学館高出)は、広角に大きい打球を打てる好打者である。大学通算27本塁打を打ち、4年時の全日本大学野球選手権大会では、3試合で2本の本塁打を打つ活躍を見せた。まNaito た、全日本大学野球選手権大会での活躍を評価され、日米大学野球大会の日本代表にも選出された(本学では3人目)。大会では持ち前の打力を評価され、全日本の3番に座り、その期待に応え、5試合中、4試合に出場し、16打数9安打の活躍で、大会タイ記録をマークし、首位打者に輝いた。八戸大学会館で行われた記者会見では、多くの報道陣の前で緊張の様子も見せず、堂々と指名後の挨拶をすることができた。青山・内藤ともに上位での指名で即戦力としての期待がかかる。また、両選手とも出身地の球団からの指名なのでファンからの期待も人一倍大きいに違いない。後日行われた球団側からの指名挨拶では、ともに「開幕一軍」を誓い、蛇口学長とスカウトの方々と握手を交わした。それぞれ1年目からチームの柱となってもらい、球団を代表する選手になってくれることを期待している。

(八戸大学:学院キャンパスだより創刊号より)

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

|

« 2級自動車整備士合格率向上で喜びの光星学院野辺地工学専門学校! | トップページ | のびのび すくすく 春らんまん »