« 創立50周年記念式典に参加してのお礼 | トップページ | 実習報告会の開催について »

中学校教員免許取得のための介護等体験実施

八戸大学
 人間健康学部では、高等学校教諭一種免許状(保健体育・保健・看護)、中学校教諭一種免許状(保健体育・保健)及び養護教諭の教員免許が取得可能です。そのうち、中学校の免許を取得するためには、介護等の体験をしなければなりません。このことは、「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」等により義務付けられています。今年度に17名の学生が市内外の社会福祉施設で5日間、特殊学校で2日間の計7日間体験しました。実習先では、介護・介助、または障害者等と接することが重要な役割となりますし、同時に貴重な経験となるわけです。介護等の体験を通じ、人の心の痛みのわかる人づくり、各人の価値観の相違を受け入れられる心を育てるという目的に一歩でも近づいたことでしょう。

学院キャンパスだより:第3号

|

« 創立50周年記念式典に参加してのお礼 | トップページ | 実習報告会の開催について »