« 読売ジャイアンツ ドラフト1位指名硬式野球部 坂本勇人君 | トップページ | 地域住民の輸送にスクールバスを運行 »

地域に開かれた図書館として

八戸大学・八戸短期大学図書館
 本館は、大学・短大の学生や教職員はもちろんのこと、法人内の各施設の教職員にも広くご利用いただいておりますが、『地域に開かれた図書館』として、広く一般市民の皆様にもご利用いただくことができます。大学・短大の地域貢献が広く求められている今日においては、大学・短大の付属機関である図書館もその例外ではありません。
 大学と短大の図書館が合併した平成11年4月から本年9月までに本館に利用者登録された一般市民の方は183名となっており、平成17年度の一般利用者の入館者数は延べ623名、館外貸出図書の利用は延べ163人で379冊となっています。平均すると、1日に約2.6人の一般市民の方が本館を利用されていることになり、貸出カウンターにいると、最近では顔なじみの常連さんも増えてきたと感じますが、「一般市民の方でも本館を利用できる」ということをご存じない方もまだまだ多く、『市民にも開かれている大学図書館』として認知され、美保野キャンパスが市街地から離れているので利用が不便だと思っている方々にも利用して戴ける様、本年度からは総合研究所市内オフィスのご協力を得て、図書館サービスの一部を市内オフィスでも提供しています。

(学院キャンパスだより:第3号)

|

« 読売ジャイアンツ ドラフト1位指名硬式野球部 坂本勇人君 | トップページ | 地域住民の輸送にスクールバスを運行 »