« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

聖書の言葉から

死者が復活しないのなら、キリストも復活しなかったはずです。そして、キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは今もなお罪の中にあることになります。そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。もしキリストにかけているわたしたちの望みがこの世の生活に限られるのであれば、わたしたちはすべての人の中で最も惨めな者です。(コリントの信徒への手紙1第15章16~19節)

 新緑の季節ですね。北国に住む私たちでなくても、一般に春は最も心躍る季節といえるでしょう。この時期に、キリスト教では「復活祭」という一年で最も重要な行事を祝います。「イースター」と言った方が、馴染みがあるかもしれません。復活祭は、文字通り、イエス・キリストの復活を祝う日です。では、復活祭はどうして重要な祝いなのでしょうか。
 キリスト教の世界観では、人祖アダムが神に対して犯した罪により、人間は死すべき者となったが(堕罪)、イエスの受難と十字架上の死によって人間の罪は許され(贖罪)、イエスの復活により人間は死後も生きる道が示された(救済)、と理解されています。復活は、本来救いがたい存在である人間が救われるという、神からの最大の「賜物」であるわけです。この流れを「救済史」とも呼びます。復活はいわば、死の淵に命の光が照らされる救済史のクライマックスです。したがって、復活抜きにキリスト教を語ることは出来ません。
 パウロが上の引用のように語ったのは、古代教会のなかに「イエスのことは尊敬しているが、復活というのは作り話だ」と考える人々が実際にいたからでしょう。確かに、復活という事態は、人間の理解を超えています。しかし、だからこそ最大の神秘なのだ、とも言えるでしょう。パウロが「キリストにかけている」と語っているように、復活信仰とは、人知を超えた神秘に自分の人生をかけるようなものだと思います。ただしこの「かけ」は巷の博打とは別種のものでしょう。人が競馬やパチンコをする動機には、多かれ少なかれ「お金はいいものだ、お金がほしい」という気持ちが働いています。一方、パウロの言う「かけ」の前提には、「命はいいものだ、命がほしい」という人間のより根元的な共通理解があるのではないでしょうか。このように考えると、命が躍動する春の到来に心躍る感覚は、復活信仰と無縁ではないような気がします。
(木鎌耕一郎=八戸大学ビジネス学部助教授(宗教学・キリスト教概論))

学院キャンパスだより:第4号

|

焼きいも大会~一石?鳥でホクホクの焼いも~

白銀幼稚園
 朝から雪がちらつき再延期が危ぶまれた11月30日、運よく雪も止み、子どもたちが待ちわびていた焼いもの日となった。今年も父母の方々8名が自主的に参加して下さり、落ち葉集めや焚き火の管理。風がなく煙が立ち昇るばかりだったが、“強い心で”を合言葉に、人工の風を送り続けて焼き上げた。
 紅葉がきれいだと思うのもつかの間、あっという間に枯葉が舞い、芝生の園庭が落ち葉で覆われてしまう。
 芝を傷めないよう、せっせと枯葉を集め、畑で焚き火にしてお芋を焼く。残った灰は畑の肥料となって土に還る。自然の営みに逆らわず、自然と共に在りながら真黄色のホクホクお芋をほおばることができる幸せを実感できた日でもあった。

学院キャンパスだより:第3号

|

第2回交通安全講習会について

八戸短期大学
 学生祭期間中の10月27日・28日の2日間にわたり、今年度の雪道模擬体験(スキットカー)講習を実施した。
 女子学生が多い八戸短期大学では、雪道やアイスバーンでの事故などを防ぐ目的で、毎年この時期に八戸モータースクール並びに八戸短期大学父母の会の協力により講習会を実施している。
 今年も自動車通学を既にしている学生。並びにこれから通学する予定の学生合わせて150名が受講した。受講した学生からは次のような感想が寄せられた。
 a 怖かったぁ!!
 b こんなに雪道がすべるなんて…。
 c 雪道は慎重に運転しなければ…。
などの感想が寄せられ、学生は雪道の怖さを再認識した様子であった。青春の事故ほど辛いものはない。この冬を無事に乗り切ってほしいと祈るばかりだ。

学院キャンパスだより:第3号

|

東北大会(新人戦)を制す 陸上競技 男子1600mリレー

光星学院高校
 トラック種目の中で唯一の団体競技のリレーは、学校対抗戦の色合いが強く、すべての競技会で最終種目としてどの学校でも最も力を入れ最も盛り上がる種目の一つです。
 県大会では、最後で逆転を許し無念の2位でしたが、その後の試合で好記録を叩き出していて勢いはありました。特記すべき事は、先に本校初のインターハイ出場を果たした入江亮を中心に努力とチームワークで力をつけてきたメンバーであるということです。青森県初のリレー制覇のため、中村智美先生の指示のもと入江が200m決勝を棄権しリレーにかける作戦に出ました。青森県内の他高校など友情応援を背に、1走瀧田健人が好スタートを切ると2走入江亮が2位まで押し上げるいつも通りの力走、3走松川達也が先頭を捕らえトップに立ち4走沢田裕太が後続との差をクングン広げガッツポーズで青森県初優勝のテープを切りました。今でも鮮明に記憶に残るレースとなりました。

学院キャンパスだより:第3号

|

深まる地域との交流-あきんど祭りとパソコン講座-

野辺地西高校
 10月21・22日の両日、野辺地町の商工会主催の「野辺地町ずっぱど・わっかど・あぎんど祭り」が開催され、野辺地西高校も「チャレンジショップ」で参加しました。
 商工会から仕入れ費用15万円・準備金4万円を貸していただき、それを元手に「商売」にチャレンジするもので、生徒・教職員30名で、取り組みましたが、実際に仕入れの商品をどう決めるか、飾り付けをどうするかなど、様々な苦労がありました。
 ホタテ・りんご・野菜各種を商品として生産者から購入し、販売しましたが、鮮度を保つことが大変でした。
 中でもホタテは二日間で300㎏を仕入れた為にうまくさばけるか、心配でした。商工会からホタテをいたただくなどご協力を得て何とか完売でき、安心しました。
 ふだんは客だった生徒達が売り手に変わり、二日間販売するという体験はとても大変だったようですが、学んだものは大きく、「勉強になった」「楽しかった」という声が多く聞かれました。
 また、パソコン講座が10月・11月の6日間(金・土の2時間)開催されました。町内在住の方で、パソコンの初心者又は基礎を学びたい方20名を対象とするものでした。短い期間でしたが、受講者の好評を得ました。
 今回の二つの催し物は町民の方と学校とのつながりを更に深めてくれました。

学院キャンパスだより:第3号

|

第61回国体レスリング「師弟揃っての優勝」

光星学院高校
*少年フリースタイル60㎏級・優勝 小田裕之
*成年フリースタイル66㎏級・優勝 金渕清文
 10月1日~10月5日、兵庫県猪名川市で行われた国民体育大会レスリング競技において、少年フリースタイル60㎏級で小田裕之、成年66㎏級で金渕清文が優勝した。
 小田は一階級上げての挑戦であったが、減量苦から解放されたことで挑戦者の心を取り戻し、心身共に最高のコンディションで最高の結果を残すことができた。私、金渕は相手のチャンスを潰し、自分のチャンスを確実に掴むことで体力面の不安をカバーできたことが勝利につながった。
 普段から共に汗を流し、同じ目標で臨んだ今大会。最高の成績を残せたことで胸を撫で下ろしながら、次への目標に向かって邁進していく所存であります。

学院キャンパスだより:第3号

|

ミニSL出発進行!!

野辺地西高校
 今年のものづくりクラブは、長年出場していたソーラーカーを取りやめ「子どもたちを楽しませるものを作りたい」という気持ちで顧問と部員が話し合った結果、ミニSLを作ることに決まった。限られた予算と設計図も何もない状態から悪戦苦闘、試行錯誤の連続でした。手探りの状態で進んだ製作はだんだん形のあるものになってきましたが、いろいろな問題が出てきました。
 10人前後の子どもたちを乗せて進むためには、その重さに耐え、それなりのスピードを保たなくてはなりません。しかし、丈夫な作りでは遅いスピードになるため、その加減が難しくて困りましたが、ギア比の調整でなんとか解決しました。また、車体のバランスや配線など見えない部分も工夫したところです。
 約4ヶ月かかって車体・客車の完成、塗装などを経て完成にこぎつけました。モデルがトーマス君だったので、その弟分のような感じになりました。9月のテスト走行後、10月の文化祭(野西高祭)でのお披露目となりました。文化祭でのデモ走行はとても好評で、順調な走りを公開できました。翌週のあぎんど祭り(野辺地町の産業祭り)でも好評でした。

学院キャンパスだより:第3号

|

「さあ、みんなで楽しく食べよう」炊事遠足実施

光星学院野辺地工学専門学校
 去る10月14日(土)振り替え授業で出校日の日、光星学院野辺地工学専門学校では学生会主催の恒例のバーベキューを実習場脇の空き地で実施しました。7月12日の「サンセットビーチ浅虫」での炊事遠足に次いで2回目の実施となりました。企画運営は全て学生会で行い、毎年恒例とはいえ誠に手際よく進めていきました。
 特に今年は、1,2年合わせての遠足行事はこれで最後となりますので、特別に2回実施となりました。ホントに貴重な一日となりました。2年生と1年生が和気藹々と、買い出し係に調理係、火起こし係やら普段の学校生活とはひと味違った面が見られて大変ほほえましい光景でありました。
 最初に学生会会長山一康隆(野辺地西高校出身)が「みんな親睦を深めながら楽しく安全に実施しましょう」と挨拶し、学生間の親睦交流と先生との交流信頼関係の構築に意義深い一日となりました。浅虫海岸では公共の場所でのマナーとしてゴミの処理、後始末にも十分気を配っていたようでした。地域から愛され評価される学校をめざして大変貴重な行事体験でありました。

学院キャンパスだより:第3号

|

企業実習を終えて

光星学院専攻科
専攻科自動車科1年 高橋孝裕
 10月16日から27日までの2週間日産サティオ青森㈱八戸旭ヶ丘店に企業実習でお世話になりました。
 初日は、まず現場の流れをつかむために午前中、作業を見学しました。手際のよさと、スピードの速さに驚きました。午後になり、エンジンオイルの交換作業を手伝いました。
 次の日からは、ブレーキパッドの点検・交換などの作業をやらせてもらえるようになりました。
 毎日の作業で一番多かったのは車検でした。今まで頭でしか理解していなかった車検整備を実際に自分で行い、理解を深めることが出来ました。
 後半に入ると、ストラット交換や、タイミングベルト交換などの作業もやらせてもらいました。次第にデーラーの人達とも仲良くなることが出来ました。
 今回の実習では実際に社会で活躍している整備士の技術だけでなく、社会人・プロとしての仕事、責任、上下関係の大切さなども身をもって知ることが出来ました。
 長いようで短い充実した二週間でした。

キャンパスだより:第3号

|

総合研究所だより(3)

八戸大学・八戸短期大学総合研究所
 今回以降は総合研究所の紀要の歴史を辿りながら研究所の生い立ちに目を移していこう。
 紀要第1号発刊までの歴史については「八戸大学産業文化研究所紀要」1号の発刊の辞に詳しく述べてある。すなわち八戸大学の創設は1981年4月であるがその併設機関として当時は「八戸大学経済文化研究所」と称してスタートを切ったのが総合研究所の始まりであった。この時期から既に“大学において、この地域連携の窓口”となっていたのである。
 1981年に早くも協同組合八戸綜合食品センターから調査研究を受託したのがその活動の第一歩であると記されている。その後1983年9月に作製された「八戸大学産業研究所規定案」の頃から「産業文化研究所」の名称が定着し、その規程の中には研究所は「産業文化の転換期に際し、広域寒冷地産業と生活文化の結節点をグローバルな視点から探求し、情報化社会を先取りして、広くその発展に寄与することを目的とする」とうたっている。
 その後、更に研究所の活動は拡大し、研究所が中心となって、1985年には地域住民を対象とする「八戸大学公開講座」第1回開催にこぎつけるのである。しかし、今だ研究所の成果を刊行物として世に問うまでは至らなかったが、ようやくにして待望の「産業文化研究所紀要」第一号が発刊されたのは1989年3月であった。当時の学長は小山内時雄学長である。

学院キャンパスだより:第3号

|

PTA『空の会』の活動~わが子を自分の手で守る!~

白銀幼稚園
 “空は、地球上のどこまでも、宇宙にまでつながっていて、遠くから穏やかに私たちを、子どもたちを見守ってくれている。そんな広い大きな空の気持ちで、時には雷を落とし、時には暖かい空気を送り、雨の日風の日つらい日にもどんな時にもどこにいても、共にある”という意味からPTAの通称を『空の会』としている。
 父母の皆様は、自分のできる範囲でできることを、そして、子どもも親も共に楽しめる行事への参加と、PTA活動を意義深いものにしている。
 11月14日には、八戸東消防署鮫分署のご協力を得て、救急救命講習会を実施した。購入したばかりのAEDの使用方法を含む心肺蘇生法や、幼児人形を使っての異物除去等の実技を熱心に行い、難しさも体験しながら、我が子を守るとの意を強くしていた。

学院キャンパスだより:第3号

|

ボランタリティーディの実施について

八戸短期大学
 去る9月20日(水)に八戸市水産科学館マリエントにおいて、平成18年度八戸短期大学ボランタリティーディが開催され、ライフデザイン学科1年・現代ビジネス学科2年・各担当教員は、八戸市水産科学館マリエント周辺の海岸でゴミ拾い、海上保安庁による公開講座に参加しました。毎年の行事であるボランタリティーディも水産科学館マリエントや海上保安庁の方々の協力も得て成功裡に終了しました。
 さて、今回の海上保安庁による公開講座は映画『海猿』などで一般的に知られるようになった海上保安庁の仕事についても説明を受けました。また、海難事故を想定した緊急時の対応と人工呼吸の方法、事故防止のための知識、またライフジャケットの装着方法なども実際に体験し、実りある一日となりました。
 短期大学生でこのようにボランティア精神を持つことは、ヨーロッパ社会で社会的地位ある人達に浸透している社会貢献の精神『ノーブレス・オブリージュ(noblesse oblige)』や、本学のカトリックの精神にも通じるものがあります。来年度のボランタリティーディはどのような内容になるかまだ決まっておりませんが、この価値観を受け継ぎ、ボランティアの灯火を消さないためにも長く続くことを切望する次第であります。

学院キャンパスだより:第3号

|

八戸観光大学開講

八戸大学
 八戸大学・八戸短期大学総合研究所は、青森県との共催で、平成17年度に引き続き、観光ビジネスによる雇用問題の解決と地域経済振興を目的として「八戸観光大学」を開講した。
 今年度の講座は、「あおもりツーリズム人づくり大学はやて2006」というタイトルのもと、「グリーンツーリズム」・「ブルーツーリズム」・「中心街学習観光」・「広域観光」という4つのテーマを設定しビジネスプランの説明と実践を行った。

学院キャンパスだより:第3号

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »