« 光星学院高等学校18年度卒業生進路状況 | トップページ | スキー教室開催される!! »

寒さなんかへっちゃらだい!

びわの幼稚園
 立春を目前に控えた2月2日(金)。雪の少ない今年の冬ですが、前日夜から雪が降り敷き、枇杷野はあたり一面銀世界。この日は子どもたちの大好きな行事の一つ「豆まき」。教室で豆まきのいわれ(心の鬼退治)について紙芝居やお話を聞いた後、防寒服に着替えた子どもたちは外へ飛び出します。
 広い園庭には、スクールバスの運転手さんが作ってくださった雪山。新しく積もった雪を踏みしめながら、子どもたちは鬼がどこから現れるのか辺りをキョロキョロ見回します。すると門の方から、運転手さん扮する鬼が現れました。年少さんの中には鬼をこわがって泣き出し、先生にだっこする子も。子どもたちは今ぞとばかりにピーナッツを投げつけます。逃げる鬼をキャーキャー黄色い声を上げながら追いかけてはまたピーナッツを浴びせます。たまらず鬼は泣いて逃げて行きました。飛び上がりながら拍手する子、得意満面の表情で、子どもたちの歓声が上がります。
 あたり一面に落ちているピーナッツを拾い、みんなでピーナッツをほおばりました。満足そうな子どもたちの顔、顔、顔。鬼も寒さも見事に退治しました。
 運動不足になりがちなこの時期ですが、びわのの子どもは寒くっても元気いっぱい。園内はもちろん、ちょっとでも雪が降ると外へ出て毎日元気に飛び跳ねてます。

学院キャンパスだより:第4号

|

« 光星学院高等学校18年度卒業生進路状況 | トップページ | スキー教室開催される!! »