« 学生生活について | トップページ | 総合研究所だより(4) »

大学図書館と出会って

八戸大学 商学部商学科 高屋敷 直子
 私は、「八戸大学・八戸短期大学図書館」と出会い、この4年間に沢山利用させていただきました。大学に入学する前は、図書館を利用することなど殆どなく、図書館は、私にとって遠い存在だと思っていました。けれども、八戸大学に入学してからは、レポート作成時の参考文献の収集や講義で疑問に思った用語などを専門辞典で調べたり、さまざまな資格取得のための参考書や問題集を自分で買わずに借りて勉強したりなど、どんなときでも助けてくれたのがこの大学の図書館でした。
 図書館は、どんな情報でも調べられる場所であり、無知な私にとって、時間を忘れさせるくらい夢中になってしまう「新鮮」な場所です。今は、インターネットが普及し、ボタン1つで検索できる時代ですが、実際に手にとって辞書を引くことや索引や目録でひとつひとつ丹念に文献を調べることは、とてもおもしろいことだと私は思います。
 特に利用させていただいたのは、「新聞」でした。
以前ならテレビの番組欄しか見なかったはずが、今では、経済や社会情勢、株式市場など細かい情報まで読むようになりました。図書館には、沢山の新聞も、きちんと整理されて保管されているので、忙しくて読み損ねた記事や必要ないと思っていた情報がだいぶ後になって必要になった時でも取り出してコピーができたので、本当に助かりました。
 また自分ひとりでは調べられない時、読みたい本が探せない時、助けてくれるのが図書館の職員の方々です。後輩の皆さんも、これからレポートや論文を作成しなければならなくなった時には、パソコンに向かう前に、まずは図書館に来て職員の方にアドバイスを受けてみて下さい。そして、そのレポートのテーマに沿った本をじっくりと2~3冊読んでみて下さい。きっと、高い評価を得られるレポートや論文が完成するはずです。その時の充実した達成感を皆さんにも感じて欲しいと思います。
 就職し社会に出てしまうと、ゆっくりと図書館を利用する機会はなくなってしまうでしょう。だからこそ、学生時代のその短い期間を有意義にするためにも是非、図書館に足を運んでみて下さい。
 初級シスアド、日商簿記検定、販売士検定、秘書検定、食生活アドバイザー等、資格試験に合格したい人にも、合格に導いてくれる問題集が色々ありますので、お薦めします!

学院キャンパスだより:第4号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 学生生活について | トップページ | 総合研究所だより(4) »