« 大きくなって帰ってきてね 山女稚魚放流  びわの幼稚園 | トップページ | 平成18年度 全国大会空手道選抜大会女子個人組手出場 髙谷郁子選手 »

新武道館完成

 湊高台キャンパスリニューアル計画のひとつ、光星学院高校武道館が完成した。この武道館は、鉄骨柱、セメントサイリンク、鉄板屋根造りで、床面積が519㎡平屋建ての建物でレスリング道場と修道館(柔道場)の二つの道場から成り立っている。
その引渡し式が平成19年5月8日(火)10時より、完成した武道館において、開館式と共に行われた。
 開館式には中村覺理事長をはじめ、法官新一常務、山西幸子校長ら関係教職員、施工業者の清水建設株式会社の方々及びレスリング部と柔道部の生徒らが参加して行われた。
 式の中で中村覺理事長は「今まで不便で大変な思いをさせましたが、これからは存分に使って技術を向上し、更なるステージに向ってください」、建設に携わった清水建設株式会社東北支店八戸営業所所長の小田友幸様は「存分に汗を流して、より一層輝かしい成績を残すよう頑張って、りっぱな生徒さんになって頂きたい」、山西幸子校長は「恵まれた環境に自分たちがいるということに感謝し、存分に自分達の力を発揮して、恩返し(この環境を与えていただいた方々に)して頂きたい」とそれぞれ部員である生徒たちを激励した。続いて、レスリング部の佐々木孝君は「勝つための新しい環境が出来嬉しく思う、精一杯努力していきたい」、柔道部佐々木美沙都さんは「今まで他校の施設などで練習してきた。自分達の練習できる場所が出来て嬉しく思う。男子・女子部員の心を一つにして頑張りたい。優勝旗をこの新しい道場に飾りたい」とそれぞれ抱負を語った。

学院キャンパスだより:第6号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 大きくなって帰ってきてね 山女稚魚放流  びわの幼稚園 | トップページ | 平成18年度 全国大会空手道選抜大会女子個人組手出場 髙谷郁子選手 »