« 交通ルールを守ります  びわの幼稚園 | トップページ | ライフデザイン学科で就職のためのスタイリング・セミナー実施 »

本校の安全教育 野辺地西高校

 本校における安全教育の一環として、交通安全教室(講話)を、春の交通安全週間にも合せて、4月13日(金)に実施した。
 野辺地警察署交通課長である岸靖彦氏が「交通事故は犯罪です!命を大切に」をテーマに全校生徒に約1時間の講話をしていただいた。
 まず、昨今の交通事故事情を説明し、身近な話題として、自転車の安全利用や、自動車乗車の際シートベルトの着用の徹底など、今日からでも実行できる交通ルールの正しい理解と、交通マナーの徹底することが大切だと説かれました。
 講演の中で岸氏は、地域のみなさんの安全推進、交通マナーの習慣化が交通事故を少なくするので、今後はその意識を高めて頂きたいと呼びかけた。
 また、「悪質、危険を伴う、悲惨な交通事故を根絶するために、現在の厳しい交通事故状況を、一人ひとりが正しく理解、認識して欲しい。」と、未来を託す若者(生徒)たちへ、強く訴えました。
 本校生徒に対する交通安全教育は、日常生活で交通安全に必要な事柄を習得させ、社会の一員として交通ルールを遵守し自他の生命を尊重するなど、責任を持って行動できることを目的としていることから、その成果を上げることができたと思った。
 最後に自転車での人身事故はどのような処置がとられますか、自転車横断帯の必要性、歩道橋の安全などについての質疑応答をして終了した。

学院キャンパスだより:第5号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 交通ルールを守ります  びわの幼稚園 | トップページ | ライフデザイン学科で就職のためのスタイリング・セミナー実施 »