« 女子空手道総体6連覇・東北総体4連覇 野辺地西高校 | トップページ | 締めさばブランド化へ八大生調査 »

先輩から見た6連覇 教育実習生によるレポート

赤泊麻衣子(東北福祉大学4年)
 教育実習生として久しぶりに母校に帰ってきました。そして、高校総体の約一週間前から練習に加わりました。部員たちはインターハイ出場をかけた試合を目前に、緊張・不安があり、それが手にとるように伝わってきます。それでも、日に日に気持ちを練り上げ、調子を上げてきていたように感じます。
 試合当日になり、ウォーミングアップの時には、緊張してガチガチになったり、周りが見えなくなってしまう選手など、高校総体独特の雰囲気が部員たちに与えるプレッシャーはとてつもないものでした。私には何が出来るのか、私が現役だった頃はどんな言葉をかけられたらリラックス出来たかなど、思い出しながらアドバイスを行いました。メンタルサポートは目に見えない分、とても難しいものだと実感しました。
 順調に勝ち進み決勝戦前では、チームが一つにまとまり、とてもいい雰囲気で試合に臨むことが出来ていたと思います。結果は5-0で圧倒的に勝利し、見事6連覇達成。
 今回指導する立場として練習・試合を見て、指導する方が数倍苦労することが多いことを実感した2週間でした。でも、現役時代に監督、部長が残してくれたこの貴重な体験が、今の私にとってとても大きな支え・自信になっているのと同様に、今の部員たちもこの経験が一生の宝物として、残っていくことと思います。

学院キャンパスだより第6号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 女子空手道総体6連覇・東北総体4連覇 野辺地西高校 | トップページ | 締めさばブランド化へ八大生調査 »