« 沐浴体験 八戸短期大学 | トップページ | ビジネス科・工業技術科 インターンシップで自分再発見 »

さよならガブリエル君~たくさんの思い出を胸に帰国~

 ドイツからの留学生のガブリエル君が6月に帰国しました。彼は昨年の9月より6月末までの10ヶ月間、本校で学びました。野辺地町内にホームステイをし、通学しました。本校では、日本語の勉強を続けながらさまざまな行事に参加して見聞を広めました。
 最後の送別会では、思い出の写真とともに感謝の言葉を添えてお別れのスピーチを述べました。そのスピーチによると、特に思い出に残ることとして、たくさんの友人が出来たことと日本文化に触れることができたことを挙げています。
 中でも印象深かったのは、沖縄・京都への修学旅行、クラスメートとの交流と部活動(バドミントン)だったようです。京都や庭に興味があった彼には予想以上の素晴らしさだったようです。
 またクラスメートやバドミントンのチームメートなど同世代の人たちとの交流は何物にも代え難く、楽しい時間を共有できたようです。
 時には「時間がゆっくり過ぎたらいいのに」と思うような、たくさんの思い出ができた貴重な10ヶ月間であったと彼は述べています。
 帰国後、彼は大学に進学し、グラフィック関係の勉強をする予定です。日本語や日本文化についても一生付き合って行くとのことです。
 私たちが彼から学んだことも多く、礼儀正しさや誠実さなど、日本人としての生き方や日本文化を再考する機会を与えてくれたように思われます。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第6号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 沐浴体験 八戸短期大学 | トップページ | ビジネス科・工業技術科 インターンシップで自分再発見 »