« 絵本から広がる表現のたのしさ  第二しののめ幼稚園 | トップページ | 全国で反響!! 篠崎良勝専任講師のケア・ハラスメント調査 »

野辺地西高校創立35周年記念

 10月12日(金)、体育館で挙行された記念式典には、理事長をはじめご来賓・旧職員・保護者の方々多数のご参列をいただき、生徒教職員計500名参加のもと、式が執り行われた。
  校長式辞、理事長挨拶に続いて、これまで本校の教育活動にご尽力いただいた歴代校長、PTA会長、後援会会長、同窓会会長、35周年記念事業協賛会会長、学校医に感謝状を贈呈、野辺地町町長の祝辞ののち、生徒を代表して生徒会長鈴木陽介君が「新たなページを記すため、勉強にスポーツに一生懸命励みます。」と誓いの言葉を述べ、全員で校歌を斉唱して式は終了した。
  ご来賓の中には各界で活躍されている卒業生の顔も見られ、在校生と共に大きな声で校歌を歌う姿は堂々としていた。感無量のものがあったにちがいない。
  式典に続き、まかど温泉富士谷ホテルにおいて記念祝賀会が行われた。ご来賓はじめ教職員計120名が参加。本校祇園囃子保存クラブにより、「野辺地祇園祭り」で演奏される祇園囃子が披露された。お囃子の一部には校歌が取り入れられており、その節が演奏されると会場にはうなずきながら耳を傾ける姿も見られた。野辺地町教育委員会教育長高田安雄様のご発声による祝杯。あちこちで杯を傾け合い、35年の歴史を振り返ってなつかしくご歓談いただく姿が見られ、たいへん和やかな会となった。
 これまで本校にちょうだいしたご理解ご協力に心から感謝申し上げると共に、これからもご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。

学院キャンパスだより第7号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 絵本から広がる表現のたのしさ  第二しののめ幼稚園 | トップページ | 全国で反響!! 篠崎良勝専任講師のケア・ハラスメント調査 »