« 硬式野球部 小学生野球教室で指導 | トップページ | PTAが生徒と一緒に挨拶運動 »

和泉流狂言でござる!-光星学院野辺地西高等学校創立35周年記念芸術鑑賞会-

 光星学院野辺地西高等学校は10月12日(金)の学校創立35周年記念式典に先立ち、9月28日(金)、記念事業の一つとして創立35周年記念芸術鑑賞会「和泉流宗家一門による狂言公演」を行いました。
 35周年記念事業協賛会(会長甲田保光)では、保護者及び野辺地町民の方々にもご案内いたしました。当日はあいにくの雨模様でしたが、保護者、野辺地町の方々の他に、口コミで三沢市、おいらせ町から計85名の方々が鑑賞においでくださいました。
 はじめの30分は和泉流宗家和泉元彌さんより日本の笑いのルーツ、狂言の歴史、和泉流の歴史、狂言の特徴、笑いのツボ、当日の曲目について説明。独特の迫力ある声とフロアを巻き込む巧みな話術に観客は吸い寄せられるように耳を傾け、相づちを打ったり、宗家から出される質問に答えたり。
 次の30分は狂言「鬼瓦」、次に「盆山」が和泉流宗家和泉元彌と姉である三宅藤九郎さんによって演じられました。客席からは誘われるかのように笑いが起こり、狂言独特の笑いの醍醐味を味わいました。
 最後の30分は狂言体験。椅子にもたれていた腰を離し、背筋をピンと伸ばしてまずは稽古の始めの挨拶「よろしくおねがいします。」次は発声練習。宗家に倣って狂言独特の声を出します。練習が終わると「ありがとうございました。」と終わりの挨拶。礼に始まり、礼に終わる稽古事の基本である挨拶の練習。日本文化を伝承する上で欠かすことのできない挨拶・礼儀は、現代でもマナーとして大切であることが語られます。
 残り15分のところで節子理事長が挨拶。生徒に熱っぽく語ります。「今の皆さんがあるのは皆さんのお父さんやお母さんのおかげ。子を思うからこそ厳しくするのです。親もそして先生方もいろいろ教えてくださる。親や先生を大事にしなければいけません。」
 締めは宗家。「芸事の世界は厳しい。明日親や師匠が生きているとは限らない。3回練習したことは体で覚えてしまいなさいと言われてきました。今日教えていただいたことは今日覚えなければならない。今日やるべきことは明日へ延ばしてはいけないということです。苦労から学び取ってほしい。生徒の皆さん、頑張ってください。」と結びました。
 気がつけば花束贈呈。あっという間の1時間30分でした。

生徒の感想
「眠いところもあったけどおもしろかった。」
「狂言の練習がおもしろかった。」
「野辺地みたいなこんな辺鄙なところへ来てくれて嬉しかった。」
「あんな有名な人が来たんだよね。」
「節子ママ、かわいい。」
「握手しちゃった!」
保護者、町民の方々の感想
「大変いい思いをさせていただきました。」
「楽しいだけでなく、狂言の勉強をさせていただきました。納得しました。」
「こんな小さな町に、あのような方をお呼びして、私たちにも鑑賞の機会を与えてくださってありがたいことです。今度は東儀秀樹さんを呼んでください。」

学院キャンパスだより第7号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 硬式野球部 小学生野球教室で指導 | トップページ | PTAが生徒と一緒に挨拶運動 »