« 現場実習を終えて | トップページ | 母校での教育実習を終えて »

クローズアップ

光星学院高校

 優勝旗奪還をねらうサッカー部と初の栄冠をねらう陸上競技部・駅伝チーム。この二つの部を紹介します。

サッカー部
韓国遠征を終えて
 サッカー部は、姉妹校の韓国・東北高校(ソウル特別市)に10月7日~12日(5泊6日)の日程で遠征して来ました。東北高校は、1986年にサッカー部が訪韓し試合をしたことがきっかけで、姉妹校関係を締結し、今年で21年目となります。今回の遠征は、4年ぶり9回目の訪問です。山西幸子校長をはじめ部長、監督、部員の総勢32名で訪れました。滞在中は2日間のホームステイ、4度の交流試合、Kリーグ観戦、東北高校の遠足に参加、そしてサッカー部との交流会など、非常に思い出に残る遠征でした。これからもサッカーを通じて、両校の深い友好関係を築きあげていきたいと思います。
 そして、優勝旗を奪還すべく、サッカー技術の向上に努めていく所存です。

陸上競技部駅伝チーム
全国大会挑戦への舞台整う!
 本校駅伝チームは、県大会において男子は5年連続2位、女子は3年連続2位とここ数年、確実に力をつけてきている。今までは強豪校の選手層の厚さ等もあり、背中すら見えない悔しさを味わい続けてきた。しかし、近年、優秀な選手の入部や、ハードな練習を続けてきた結果、優勝を狙えるところまで力をつけてきた。
 今年の高校駅伝では“優勝する”という精神に火がついた記念すべき熱いレースであった。大会前1、2年生の若いチームで選手層的に心配のあった女子は、後半4区橋本美江(八戸第一中出)選手で一気に逆転の2位に。男子は、1区2年生の木村翔太(大野第二中出)選手がインターハイ選手相手に終盤まで併走。2区蛯名聡勝(東北中出)選手へ小差の襷(たすき)リレー。2位ながらもタイム的にはチーム最高の全国レベルにまで到達している。全国大会入賞経験のあるチームに肉薄した本校駅伝チームは、優勝を狙えるチームにまで成長してきた。選手たちの襷への情熱は更に加速してきている。いよいよ全国大会への挑戦の舞台が整った。

学院キャンパスだより第7号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 現場実習を終えて | トップページ | 母校での教育実習を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/9824424

この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ:

« 現場実習を終えて | トップページ | 母校での教育実習を終えて »