« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

後輩に伝えたい就職活動~内定したビジネス学部生が体験発表会~

 12月11日(火)八戸大学2号館121講義室で、内定したビジネス学部の学生5名が「後輩に伝えたい就職活動のこと」と題して就職活動の体験発表会を開催した。発表会では、普段は聞けない就職活動の生々しい現実が本音で語られ、参加した後輩らにアドバイスがおくられた。

自分のアピールポイントが重要
 5月に内定した田畑涼さん(ビジネス学部4年)は、一泊3,000円程度のカプセルホテル等に宿泊しながら、首都圏を中心に30社ほどの会社説明会へ何度も通った。「動いていると(就職活動をしていると)体と頭が働いて積極的に行動できる」と行動することが大事であることをアドバイスした。また「(自分が)バイクで日本一周をしたという行動力が強み」と自分のアピールポイントを最初から決めており、採用試験時に、首都圏の多くの大学の学生たちと面接を受け自分のアピールポイントを強調した。面接試験終了後、結果は数日後に連絡すると説明を受けたが、会社を出て5分後に「すぐに戻ってきて欲しい」と電話があり、面接会場に戻ると自分一人ですぐに内定というお話を頂いた。自分の行動力を会社側は認めてくれた。とアピールポイントの重要さを強調した。
基礎学力・一般常識が必要
 前田渉さん(ビジネス学部4年)は、人に幸せを与える仕事につきたいと思い、ブライダル関連の会社を希望した。就職活動は首都圏を中心に展開。月に3~4回上京し、新幹線などの交通費・宿泊費に30万から40万をかけた。就職活動を行っていて、基礎学力、一般常識が必要だと痛切に感じた。後輩たちには新聞を毎日読んでおいた方がいいとアドバイス。また、資格も取れるときに取得しておくべき。と実体験で感じたことを話した。
 武部雄一郎さん(ビジネス学部4年)は「面接試験のときは、歌を歌っていった方が声が出るし自信にもなる。皆さんも実践して欲しい。また面接試験で、実際に出来ないことを出来る。とウソを言うと、次の質問に答えられないし、とにかくすぐにばれる」と自分の失敗談からアドバイスした。
面接で100%聞かれること
 慶長秀一さん(ビジネス学部4年)は、就職活動に50万から60万をかけた。「就職活動は、いろんな人と出会い人生経験になる」と言い、就職活動を行っていると「面接試験などで首都圏の大学との差を感じた。知識の絶対量が必要と感じた」と就職活動の厳しさを痛感し悩んだという。多くの採用試験を受けてわかったことは、面接で100%聞かれることは、学生時代に何に一番力を入れたか。ということ。自分たち地方の大学出身者が首都圏の大学の学生たちに勝つには、自分の自信のもてる何かを作ってほしい。そうすると顔がキラキラしてくるし、面接でも好印象になる。と話した。
 カムタ・アネックさん(ビジネス学部4年)はタイから来日し九州の短大で勉強していた。親戚から声をかけてもらったのが八戸に来たきっかけで、今はその親戚が経営するタイ式マッサージを勉強しながら手伝っている。数年後には、この八戸市でタイ式マッサージの店をオープンしたいと夢を語った。
 発表会終了後、5人の体験を聞き終えた後輩たちは、各々個別に面談し真剣にメモを取っていた。
 この日、発表会で就職活動の体験を話した彼ら5人は厳しい就職戦線を勝ち抜いた自信がみなぎっていた。

八戸大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクトの翼で台湾へ

野辺地西高校

鶴ヶ﨑修子(東北東中出身)
 私は10月10日から13日まで3泊4日のアクトの翼に参加し、台湾へ行きました。
 初めて経験する海外での生活に期待と不安を抱きながら成田国際空港から台湾へ向けて出国しました。
 私がホームステイでお世話になった林さん夫妻は日本に留学の経験があり、会話はすべて日本語で話してくれました。とても優しい夫妻で羅東市内の案内や夜市につれていってくれました。日本にはないフルーツや食材を紹介してくれて、台湾について少し知ることができました。
 2日目に行った羅東高等学校では、生徒のリリアンさんとリボンさんが学校を案内してくれました。とても感情表現が豊かで、明るく接してくれました。一番心配していた言語の違いについては、片言の英語とメモ用紙に漢字を書いたりしてコミュニケーションをとりました。自分がもっと英語が言えればもっと深く交流できたのにと反省する部分もあったけど、楽しく過ごすことができました。
 台湾に行ったことで日本にいては学べない事、知らなかった事を学び、体験することができました。日本ではあたりまえの事でも台湾では通用しない事も沢山ありました。
 台湾に行って毎日が発見と学習の連続でした。アクトの翼に参加して、自分自身とても成長したと思います。知識が増えただけでなく、交流の輪が広がり、今まで狭かった視野を広くすることができました。
 アクトの翼に参加して本当に良かったと思います。台湾での出会いを大切にしてこれからも交流を深めていきたいと思います。

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本赤十字社救急法の講習会に参加して

介護福祉科 2年 中里絵理
 12月8、9、15、16日の4日間、介護福祉科2年生22名が日本赤十字社救急法の講習会にて、次のことを学びました。座学では急病とけがの観察ポイントや処置方法を、実技では包帯法、心肺蘇生法、AEDの使用方法について学びました。
 私達は高齢者や障害児(者)の方々が利用する施設で今後働いて行くことになります。そのような施設で、もし急病者が出た際には一番身近にいる介護福祉士の私達が適切な一次救命処置を一刻も早く行い、利用者の命を繋ぎ止められるように行動していきたいと思います。また日常生活の中でもこの講習会で頂いたキットを携帯し、今後も講習会に参加し確かな知識と技術を持ち続けていけるようにします。
 私達がこれから働く施設には、必ずしもAEDが設置されていないのが現状です。就職した際はより多くの施設でAEDが設置され、一次救命処置が行える様な環境作りの拡大に協力していきたいです。私達のために今回ボランティアで講習の教員を引き受けて下さいました方々、本当にありがとうございました。

専攻科

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商品学Ⅱ 学外現場実習

 12月11日(火)ライフデザイン学科2年生が八戸市沼館地区にあるショッピングセンター「ピアドゥ」に、商品学Ⅱの講義による現場見学を行った。前回はピアドゥの目と鼻の先にある、ショッピングセンター「ラピア」の現場見学を行ったが、今回は学生達の強い希望もあり、工業都市八戸の中で特に競争意識を持っている、ショッピングセンターの相違を探る目的で足を運んだ。
 ピアドゥは創立から10年経過しているが、設立前は八戸臨海開発株式会社が機転となり、当初造船場や網倉庫など漁業が賑わっていた場所に目を付け、沼館地区再開発事業を行い今に至っている。名前の由来は、「ピア」は埠頭とか海に近いという意味を示し、「ドゥ」は行動するという意味。「海の近くで何かをしよう」という意味合いで親しまれてきた。そして説明の中で八戸臨海開発の熊谷氏は、「ピアドゥ内で最も力を入れているのは、防犯と防災である。常にお客様に対して、全従業員が安全・安心を確保することを心掛けている」と話していた。学生たちは、前回の見学とはまた違う、防犯・防災の取り組み方、商品管理の工夫などに関心を寄せていた。また実際に売り場に足を運び、店頭に並ぶ様々な商品の相違に大変興味を示していた。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界に羽ばたく光星三銃士 レスリング部

 八月、佐賀インターハイ決勝で壮絶な延長戦を演じた山内拓真選手は、戻ることなくその足で台湾に向かった。そこでは、レスリング強国イランのコーチ陣が驚嘆し抱きついて彼を祝福し、その姿を台湾国営テレビはインタビューを交えて放映した。決勝まで失点ゼロの圧勝で史上五人目のU18アジア王者になった。それから一ヶ月後の九月、今度は葈澤謙選手が胸に日の丸をつけて韓国サムソンレスリングスタジアムのマットに立った。身体能力の高さを充分見せつけた闘いであった。そして新年一月の今、佐々木 孝選手が米国ワシントン州を二週間日本代表として転戦している。山内選手と佐々木選手は今春卒業して自衛隊体育学校に進み本物の競技者としての道を歩み始める。 
葈澤選手は最後の年を迎え高校王者の座をねらう。それぞれがそれぞれの夢に向かって世界に羽ばたく。「大和魂」そして「光星魂」を胸に。

光星学院高校

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンテッソーリ教師の役割とその思い

 日々、喜々として満足しきった表情で生活する子ども達と過ごす中で私たち教師は、絶えずどのような援助をすべきかを考えています。
●まず、子どもは絶えず動いているという事実です。
 *これは今、発達しようとしている機能を絶えず動かしたいと願っている。
●作業を何度も繰り返す
 *子どもの内面的欲求がそうさせる。
●自分の好きなことをすればする程、爽やかな良い顔になる。
 *自分が選んだ作業だから心の満足感が見える。
●押し付けられていない
 *心、精神が解放されている。
●最後までやり遂げようという姿勢が見える。
 ここに私たち教師の、環境を整える重要な役割があります。例えば、手や指先を動かしたい時は、それらの練習が出来る具体的なものが用意されているということです。
 子どもは最初からうまく出来ません。何度も何度も手伝ってもらいながら一人で出来るようになっていくのです。大切なのは、“大人が子ども達に、子ども自身の行為や、状況、それに事が起こった時の主となるような手段を提供すべき”だということです。子どもは環境から吸収し、人間作りの基礎を築きます。
 急激に変動する現代社会です。子どもの尊い命を見失わないよう“感じる感性”を忘れないようにしたいものです。

聖アンナ幼稚園

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばだしラーメン開発

 八戸大学の石原慎士准教授が顧問をしているネットワーカーズが、八戸前沖で漁獲したサバでだしを取った「八戸前沖さばだしラーメン」を開発した。
 これは、八戸前沖サバを地域ブランド化する研究の一環で、八戸港の主力魚種の一つであるサバを観光客らにアピールしようと取り組んだもの。現在は八戸市妙の「里山の駅」で売り出している。
 さばだしラーメンは、市内の加工業者から調達したサバの頭と骨でだしを取り、サバ特有の生臭さを抑えるため、ショウガを使用。この配分量に苦労したという。各種イベントで試作品を提供し、アンケートを基に風味の調整をした結果、ちょうどいい塩味スープに仕上がった。具にはサバの竜田揚げやワカメを使った。大村晃弘(ビジネス学部2年)代表は「まだ完成度は高くないが、サバでだしを取ったこれまでにないラーメン。もっと具を工夫し、しょうゆ味やみそ味も開発して、八戸の味として定着させていきたい」と話している。
 このさばだしラーメンは、2月11日より、八戸市十三日町のタケダスポーツビル4Fでチャレンジショップとして販売される。

八戸大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車科研修旅行を終えて

自動車科 2年 長瀬綾子
 今年度の自動車科の研修旅行は11月6日~8日までの二泊三日の日程で、生産工場(二カ所)と東京モーターショーの見学を行いました。
 日産自動車いわき工場では、低燃費、軽量・コンパクトの最新鋭エンジンの組み立て行程やその検査行程を見学し、ホンダ技研埼玉製作所では溶接をはじめエンジン組み立て、ドアやフロントガラスの装着等、一台の自動車が完成していく様子を見ることができました。どちらの工場も最新鋭の設備(生産ロボット等)を導入し、コンピュータにより統合管理されていました。また、二酸化炭素の排出量削減や資源の循環などを行い、世界中で問題になっている環境問題に様々な取り組みをしていました。粉塵・騒音等が出ない作業環境造りも徹底していて、工場内も清潔で従業員達も快適に作業しているように感じました。初めて生産工場(生産ライン)を見学し、組み付けられる部品の多さや部品の配送の仕組み、ロボットによる作業精度の高さや自動車が完成するまでのスピードに驚きました。
東京モーターショーでは、斬新なデザインの自動車や操縦性を追求した自動車などが会場いっぱいに展示されていました。やはりここでも、環境問題(排出ガス)への取り組みが各社の話題になっていて、有害ガスが出ない燃料の使用や各種の電池自動車など、バスやトラックに至るまで、自動車産業の技術の進歩を実感するモーターショーでした。
 今回の研修旅行で様々なものを見ましたが、このような機会でなければなかなか見ることが出来ないものが多く、とても貴重な体験でした。

専攻科

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原点を忘れずに チアリーディング部

 2007年度はLUSTERSにとって大きな飛躍の年となりました。東北大会優勝に始まり、目標であった全国大会出場、北日本大会優勝という成績を収めることができました。また、今年はテレビや新聞の取材もあり、イベントの出場依頼も多く、おかげさまで多くの方々にLUSTERSを知ってもらうことができました。
 しかし、結果は良かったかもしれませんが、それまでの過程や内容は決して満足するものではありませんでした。チーム全員が納得して心から楽しむチアができていたのか……?。目標を達成した喜びよりも、課題が残ったという悔しさの方が大きかったように思います。
  これらの経験の中から部員の一人一人が多くのことを学んだようです。、これからはメンバー自ら作り上げていくようなチームに成長させたいと思っています。そして何よりもチアを始めた頃の初心の気持ちを忘れずに、「原点」に返ることの大切さを学んでほしいと思います。

光星学院高校

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成19年度保育者養成懇談会開催

 平成19年11月29日(木)八戸プラザホテルにおいて、平成19年度保育者養成懇談会(八戸短期大学幼児保育学科主催)を開催した。この保育者養成懇談会は、幼児保育学科が常日頃からお世話になっている三八上十三・むつ地区および岩手県北の実習対象施設関係者を対象に、本学が持っている知的財産の情報提供や教員の研究報告を行っている。
 今年度は、保育者養成懇談会の参加人数は66名(幼稚園18名、保育園32名、施設16名)。内海隆学長補佐の開会挨拶を皮切りに会が進行。全体報告では、外崎充子学科長から「保育行政について」の話がなされた。続いて本学教員が行っている研究報告は、研究報告①で上村裕樹講師が「保育者を目指す学生が抱く、理想の保育者像について」の報告を行い、研究報告②では岩舘千歩講師と三島隆章講師が共同研究報告として「幼児の体力について」の報告を行った。
 全体報告の後には、幼稚園、保育園、施設の3グループに分かれての分科会を開催。内容は、実習に関しての御礼・説明および今後継続のご協力のお願いと実習や就職に関しての各園・施設の方々のご意見の拝聴および意見交換の2点について話し合われた。分科会終了後には、参加者との懇親会を開催した。限られた時間ではあるが、有意義な会となった。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連載 変わりゆく校舎 光星学院高校

④「羽ばたきへの準備」
 外壁工事がほぼ完了し、足場が解体されると校舎の全容があらわれ、ハッキリと目に映るようになりました。校舎の外装タイルが輝いて見えます。茶系統のタイルは美しくも重厚で、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。パンフレットにある完成予想図とは異なり実物は迫力が感じられます。晴れた日には、校舎の色とバックの青空とのマッチングがすばらしく、青の中に校舎がそびえ立つように浮かび上がります。工事現場の風景はいまモノクロからカラーに変わりました。
 反面、内装工事はあまり目に見えてきません。日が暮れたときに室内に電灯が灯されるので、そのとき初めて、内部の様子が見え隠れする程度です。しかし、着々と内部工事は進んでいるようです。まるで羽化直前のさなぎのように、内部が蠢(うごめ)いているかのようです。羽ばたきはもうすぐです。まもなく校舎は完成し、未来に向かって飛び立ちます。
 残るは外構工事。次回は美しいキャンパスの全景をお披露目できるでしょう。斯うご期待。

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車椅子2台寄贈

 11月8日(木)「小さな親切」運動青森県本部(加福善貞本部長)より車椅子2台が本学院に寄贈された。
 「小さな親切」運動青森県本部を代表して、青森銀行の高屋敷正取締役八戸支店長と石橋寿久本町支店長が本学院を訪れ、中村覺理事長へ目録が渡された。中村覺理事長は「大切に使わせていただきます」と感謝の言葉を述べた。
 寄贈された車椅子は、これから介護、福祉関連の授業を展開している八戸大学人間健康学部、八戸短期大学幼児保育学科、光星学院高校専攻科介護福祉科の授業・実習で活用される。

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛況に開催された「課外活動報告会」

 12月26日(水)に課外活動報告会が八戸プラザホテル(富士の間)で学生・教職員・外部関係者の方など約200名の参加により開催された。
 今年度は硬式野球部の第38回明治神宮野球大会ベスト4をはじめ、サッカー部(第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会出場)、スケート部(第76回全日本フィギュアスケート選手権大会出場)など各方面にて八戸大学の存在をアピールした。なかでも、活動2年目のビーチサッカー愛好会が予選を勝ち抜き、第1回全国ビーチサッカー大会(3月開催)への出場を決めるなど今後の活躍が期待されます。
 また、硬式野球部による野球教室や、ネットワーカーズによる八戸前沖さばだしラーメンの開発・八戸前沖さばブランドのPR貢献、更にPeersは中学校・高校でピアカウンセリングを開催するなど地域に根ざした活動も多く、文武共に活躍の年となった。
 課外活動報告会ではこうした団体・個人への表彰や各部の趣向を凝らした余興、豪華景品が当たる抽選会も行われ多いに盛り上がった。出席した学生は1年間の活動を振り返ると共に、新たな目標に向け気持ちを新たにしていた。

八戸大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別養護老人ホームにエコバック寄贈

 平成19年12月11日(火)八戸市内の特別養護老人ホームへ八戸短期大学ライフデザイン学科1年生らが訪問し、エコバックとイーゼルを寄贈した。これは、講義「NPO論」で設立された模擬NPO「グリーン」のメンバーによるもので、八戸市の海・山・まちの環境保全を図るためにエコ普及啓発活動の実施を目的として行われているもの。
 この日寄贈されたものは、学生それぞれが着なくなった古着を持ち寄り再利用して製作したエコバッグと、八戸市内にある海岸の清掃活動で拾い集めた流木を組み立てて製作したイーゼル。
 寄贈式では、模擬NPOグリーン理事長の萩原由佳さん(ライフデザイン学科1年:光星学院高校出身)より「古いものを再利用して作りました。お使いください」とあいさつをして、利用者に笑顔で手渡した。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成19年度 人間健康学部「公開講座」開かれる

 八戸大学人間健康学部主催の「公開講座」が平成19年11月10日(土)八戸大学・八戸短期大学総合研究所市内オフィス(八戸市堀端町八戸商工会館6F)で行なわれた。受講料は無料。受講定員20名の一般・高校生が休憩のティータイムを挟んでの4時間にわたる長時間の受講を終えた。受講生は最後まで一次予防の重要性について熱心に耳を傾けていた。
 今年度の「公開講座」は「『健康』への招待:一次予防から健康を考える。」をテーマに4名の学部教員によって講義が行なわれた。
 本学人間健康学部の遠藤守人教授と吉田稔教授のオーガナイザー・司会のもとに進行された。はじめに、イントロダクションとして遠藤教授より「一次予防の概念及び重要性」についてお話され、ついで、畑山俊輝教授による「前向きな心は病気を遠ざける」、桑田正広教授による「栄養素と生物」、藤宮芳章教授による「機能性食品摂取による癌予防:キノコの抗癌効果」、三本木温専任講師による「運動で防ぐ生活習慣病」の講義が行なわれた。
 終了後の受講者のアンケートからは、「専門分野の視点から、おのおの興味深い話しが聴けた。」「心理的要因と疾病予防、食生活と疾病予防、運動と疾病予防、免疫からみた疾病予防について分かり易い内容で、今日は大変良い収穫を得ました。」等の声が寄せられていた。

八戸大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸大学・八戸短期大学「就職合宿」人間健康学部1回生「就職合宿」を体験する。

 大学・短大の合同による就職合宿を11月10日(土)、11日(日)の1泊2日の日程で、就職活動を控えている3年生(短大1年生)を対象に八戸よねくらホテルで実施した。当日は、短大生27名を含む75名が参加。今回から新たに人間健康学部の学生も加わり、それぞれの学部、学科の特徴を活かしたカリキュラムを入れるなど、盛りだくさんの内容で、学生たちは本番さながらの面接指導に始まり、エントリーシートや履歴書の書き方などの実践指導を受け、これから迎える就職活動を前に気を引き締めて臨んでいた。
 就職合宿は今回で第13回目です。ジョブカフェあおもりのキャリアカウンセラー7名を講師に迎え、それぞれ10名~11名の少人数の7グループを編成。開会式では鈴木宏一副学長、丹羽浩正就職委員長の激励の言葉があり、1日目は21時まで、2日目は15時まで全体、学部・学科ごと、グループごとにそれぞれみっちり、厳しく、丁寧な指導を受けた。昼食時や休み時間の話題に課題が飛交うほどであった。閉会式での人間健康学部百目木かおりさんの御礼の言葉でもその満足感を窺うことができた。参加した学生も「これからの就職活動に役立つことばかりであった」、「今まで不安であったことが解消できた」など、参加してよかったという感想を述べていた。
 なお、今まで就職合宿に参加した学生の内定率は、毎年ほぼ100%となっています。

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代低公害車試乗会

 環境省の啓発推進事業である燃料自動車の試乗会が平成19年10月18日(木)に自動車科2年生を対象に行われた。自動車から排出される排気ガス、二酸化炭素などが与える地球温暖化問題や大気汚染などの環境問題解決に取り組むための事業で、平成15年度から行われている。燃料電池自動車は、ボンベに詰め込んだ水素と空気中の酸素の反応により発生した電気エネルギーを動力源としモーターを駆動して走る自動車で、走行中は有害な排気ガスは出ない。
 当日は2年生28名が交代で運転し性能や操縦性を確認した。従来のガソリン車に比べ高いエネルギー効率が得られるため、加速性もよく快適な乗り心地に驚きの声があがった。しかし、一般への普及に関しては水素ステーションの設置や自動車本体の価格の低減(月額リース料80~120万円で実際の製造コストは1台約1億円と言われる)とまだまだ課題が多く残っている。現段階では公共機関や関連企業などへの導入が目立つが、将来的には様々な課題をクリアし、一般への普及が広がり生活環境問題が解決され、自動車整備に関する内容も変化していくことになると感じた。

専攻科

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒からの発信!生徒会新聞「一挨一拶」

  生徒会編集委員会では、およそ一カ月に一度のペースで、生徒会新聞「一挨一拶」を発行しています。今年度は第八号まで発行しており、今後は新校舎完成を記念し特別号を発行する予定です。内容はその都度異なりますが、生徒からの発信をいつも心がけています。高総体を青森まで取材しに出かけたことや八戸大学学友会との交流など初の試みを今年度は積極的に行いました。また、「opinion」と題して社会に対する自分の考えや意見、実習を通して学んだことなどを委員以外の生徒からも募ると共に、学校行事のアラカルトや新校舎の『建設状況』を紹介するなど今年らしい記事も満載でした。
 当初は、何を書けばよいのか悩んだり、自分の記事に自信が持てなかったりと不安を口にする委員も見られました。しかし、発行を重ねていくにつれ、文章を書くことに慣れていくと共に新聞を読んでくださった方々からの励ましの言葉やアドバイスに随分勇気づけられ、積極的に活動に取り組むようになっていきました。
  印刷を鮮明にすることや枠組みの仕方などまだまだ課題はありますが、これからもたくさんの人々に楽しんでもらえるような新聞作りを目指していきます。(ご協力よろしくお願いします。)

光星学院高校

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »