« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

八戸大学・八戸短期大学合同入学式

  平成20年度八戸大学・八戸短期大学入学式が4月7日、八戸市公会堂で行われ、新入学生約230人(大学110人、短大129人)が学生としての第一歩を踏み出した。
 式では大学・短大を代表して鈴木学長が「大学は自らを鍛え、生き抜く力を養うために、自分との競争になる。社会人となる基礎を磨いてほしい」と激励、八戸短大附属第二しののめ幼稚園の園児4人や大学・短大在学生代表の歓迎の言葉に続き、新入学生を代表して八戸大人間健康学部の西村祐哉さんが「大学生の自覚を持ち、実のある学生生活を送りたい」と力強く宣誓した。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸大学・八戸短期大学合同学位記授与式

 平成19年度八戸大学・八戸短期大学学位記授与式が3月18日光星学院総合体育館において行われ、卒業生に学位記が授与された。
 今年度の卒業生は大学ビジネス学部ビジネス学科72名、短大幼児保育学科98名、ライフデザイン学科20名で、ビジネス学部は名称変更後初の卒業生、ライフデザイン学科は改組後初の卒業生となる。
 式典に先立ち、八戸短期大学 幼児保育学科の卒業生によるピアノ演奏が行われ、続いて学位記授与・各賞紹介が行われた。蛇口学長(当時)は、「いつまでもフェアプレーの精神を忘れぬよう、感謝の気持ちを忘れる事なく新しい生活を歩んでください」と式辞。卒業生を代表して八戸大学からビジネス学部 塚野 美奈子さん、八戸短期大学からは幼児保育学科 佐々木弥生さんより謝辞が述べられた。
 学位記授与式終了後には八戸市内のホテルにおいて卒業パーティーも行われ、卒業生たちはともに学び助け合ってきた仲間や教職員たちと、思い出を語り合っていた。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総合研究所「そうけん土曜講座」が始まる

 総合研究所の主催事業である「08そうけん土曜講座」(社会人リカレント講座)が、5月10日よりスタートする。土曜講座は、従前の簿記講座や公開講座を充実させ、3つの資格取得講座、2つの教養講座を開催。毎週土曜日に実施するのが特徴で多くの方の受講を呼び掛けている。資格取得講座の受講料については、本学学生や高校生の他、八戸大・八戸短大卒業生に対する受講料割引制度もある。

・国際理解講座「八大生とロシア語で遊ぼう」5月10日より開催
・福祉住環境コーディネーター3級講座 5月31日より開催
・公開講座「八大・八短大を通して現代を見つめる」
 9月6日より開催
・食生活アドバイザー3級講座 
 9月13日より開催
・日商簿記2級講座 11月29日より開催

 講座の詳細については、総合研究所ホームページをご覧ください。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元Jリーグチーム(横浜マリノス、ベガルタ仙台)監督 清水 秀彦 氏 光星学院サッカーチームディレクター就任

 平成20年3月25日(月)10時より光星高校オープンスペースにおいて、中村覺理事長、蛇口浩敬学長、飼牛正親理事が同席の元、清水秀彦氏の光星学院グループサッカー部のチームディレクター就任記者会見が行われた。
 清水秀彦氏は、日産自動車時代、選手・コーチで天皇杯6度の優勝経験や日本代表選手、Jリーグチーム(横浜マリノス、ベガルタ仙台等)の監督をした実績がある。
 記者会見には地元新聞社、スポーツ紙、テレビ局数社が訪れ、清水秀彦氏への就任の経緯、今後の指導方針などの質問があった。
 就任の経緯について、清水秀彦氏は本学院の中村覺理事長と飼牛正親理事と長年の親交があり、また日産自動車時代に光星学院高校サッカー部を指導した経緯があることがきっかけで、光星学院グループサッカー部のチームディレクター就任となった。
 清水氏は、サッカー部の指導することにあたり、体系的にトレーニングの目的や試合の仕方を指導し、トータル的に選手の育成に力を注ぎたい。やるからには成果を挙げていく方針であると述べた。
 また、この八戸の地域でサッカーを盛んにし、良い人材を育て上げることにやりがいを感じていると述べ、八戸でのサッカー推進にも意欲を見せた。
 今後、清水氏は、八戸大学、光星学院高校、野辺地西高校のサッカー部を指導する傍ら、八戸大学の講義や附属幼稚園及び八戸地区のサッカーの指導を行う。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸市長が新校舎を見学

 5月2日(金)小林眞八戸市長が美保野キャンパス及び湊高台キャンパスを訪れ、八戸大学・八戸短期大学総合実習館と光星学院高等学校の新築校舎を見学した。
 最初に、美保野キャンパスに訪れた小林八戸市長は、中村覺理事長と法官新一常務理事の案内により、八戸大学・八戸短期大学総合実習館を見学し、同館の屋上から美保野キャンパス全体を見渡した。また、講義室等では椅子に腰掛けたり、スライド式の黒板等を興味深く見て回り、良い教育環境を整えたことに関心を示され、今後の活躍を期待していた。
 その後、光星学院高等学校に移動した小林八戸市長は山西幸子校長の案内により、職員室、各教室、体育館等を興味深く見て回られた。時折すれ違う生徒から元気の良い挨拶に笑顔で応えていた。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New Kosei -新校舎での入学式-

 新校舎完成とともに、平成20年度光星学院高等学校入学式が4月8日(火)に行われた。新しい校舎・新しい体育館、新年度の始まりを緊張と厳粛な雰囲気の中、新入生を迎えることができ希望に満ちあふれた顔の新入生は、来賓、保護者、本校職員に見守られながら、山西幸子校長より入学を許可された。教職員一同、新入生の夢の実現のために、細かな指導をしていかなければならないと一層強く心に刻み込みました。
 平成20年度は新校舎完成という大きな節目でもあり、新しい光星高校つまり『New Kosei』を全面に打ち出して学習や部活動はもちろんのこと生徒指導、進路指導、また地元地域への貢献など新しいチャレンジに取り組んでいきたいと考えています。新入生の輝きに負けないよう、職員一同襟を正して頑張っていきます。

光星学院高校

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同竣工祝別式 八戸大学 光星学院高校

  4月2日、光星学院高校新体育館において、八戸大学・八戸短期大学総合実習館、光星学院高等学校新校舎の合同竣工祝別式が首藤神父様による共同司式のもと、厳かに執り行われました。神父様の招きの言葉とお祈りで始まり、聖書朗読、水の祝福、建物の祝福、共同祈願、主の祈りが行われ、長い期間工事に尽力していただいた清水建設の方々に感謝するとともに、学びの場、生活の場として学生・教職員の学院生活に一層の充実がもたらされるようにまた、学院に集う人々全てに平和と愛を与えてくださるよう祈りが捧げられた。
  祝別式の後、学院の各施設を代表し、八戸短期大学附属幼稚園児による、愛らしいお遊戯、本校の吹奏楽部による息の合った美しい演奏、チアリーダーによる、若さあふれる、華麗な演技、そして八戸短期大学幼児保育学科の学生による、ヘンデルのメサイヤからハレルヤの大合唱が行われ、美しく、力強い歌声が新体育館いっぱいに響き渡り、工事の完成を祝った。
 また、これに先立ち美保野キャンパスでは八戸大学・八戸短期大学総合実習館の竣工祝別式が行なわれた。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸大学新学長に鈴木宏一教授就任

 4月1日付けで、八戸大学の学長に鈴木宏一副学長が就任した。
 それに伴い、4月2日、市内オフィスで就任記者会見が行われた。
 就任記者会見で鈴木新学長は、前蛇口学長の地域のキャンパスという路線を120%踏襲していき、八戸大学は八戸市の港であるというコンセプトの下、社会の期待にこたえられるように、地域の方々やOBの力を頂戴し、若い人を教育していきたい。それが、我々八戸大学の役割であり、八戸大学のUSR(大学の社会的責任)として確立していきたい。と抱負を述べた。

鈴木 宏一 学長 PROFILE

昭和22年11月生まれ(現宮城県大崎市)

平成19年4月 八戸大学副学長・ビジネス学部長・教授に就任
平成20年4月 八戸大学学長に就任

主な職歴など
・政府系シンクタンクNIRA(総合開発機構)理事
・大和総研理事 大和證券・大和総研にてNYチーフエコノミスト・ワシントン所長。フランクフルト所長・欧州社長など歴任
・慶応大学経済学部卒業・西ドイツケルン大学経済社会学部留学
・「夜明け前のアメリカ」(90年)、「Clinton Revolution」(92年)
「次代のIT戦略」(2002)、「Asia Economic Integration」(2004)などの著作

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵画等が寄贈されました

 4月23日、みちのく銀行執行役員八戸支店長 加藤政弘氏と白銀支店長清藤正孝氏の両氏が美保野キャンパスに訪れ、本学院に対し絵画を寄贈していただいた。
寄贈された絵画は、藤城清治作「つり橋はぼくのハープ」という題名で、近代的で見ていて心が和むような絵画である。法官新一常務理事は、学生生徒並びに教職員にも親しみ喜ばれると感謝の言葉を述べた。
 また、青森銀行からは、八戸大学・八戸短期大学総合実習館完成記念に『油絵「ギリシャ・ロドス港」(宇藤義一作)』と『書「鳥は飛ばねば…」(坂本真民作)』が寄贈される予定である。
 本学院の学生生徒並びに教職員より、両行からの絵画等の寄贈に心より感謝申し上げ、お礼に代えさせて戴きます。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落成祝賀会開催

 5月9日(金)八戸プラザホテルアーバンホールにおいて、八戸大学・八戸短期大学総合実習館、光星学院高校新校舎、八戸短期大学附属幼稚園新園舎の落成記念祝賀会が開催された。
 祝賀会には奈良岡修一八戸副市長をはじめ約500名が集った。
 祝賀会では、大庭文武三八高等学校協会会長の挨拶の後、清水建設株式会社に感謝状が贈呈され、福島哲男八戸商工会議所副会頭の乾杯の音頭で祝宴がはじまり会場内は談笑で賑やかとなった。
 その後の祝宴では、「三社大祭ばやし」や「えんぶりばやし」などのみちのく和太鼓の調べと歌手小西礼子さんの歌謡ショーが行われ「八戸の女」「馬淵川ブルース」などが披露され、大盛況となった。
 また、これに先立ち、総合実習館及び光星学院高校新校舎のそれぞれで校舎見学会が行われた。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »