« 総合研究所の活動状況について | トップページ | 野辺地西高校多目的室内スポーツ施設建設 »

八戸短期大学と附属幼稚園の連携について

 八戸短期大学附属幼稚園が開園して1年、幼稚園教諭・保育士を目指す幼児保育学科の学生が毎日のように附属幼稚園を訪れ、幼稚園の先生方の指導のもと、直接園児達とふれあうことによる実践教育の場となっている。
 本法人の幼稚園については、八戸大学・八戸短期大学の教員と各幼稚園の教諭との連携に特長があるが、八戸大学と八戸短期大学の教員が附属幼稚園を訪れ、園児達にネイティブスピーカーの英語レッスンや水彩絵具による造形表現、音楽によるリトミック指導を行うなど、大学・短大の教員と幼稚園の教諭とのコラボレーションが実現している。
 このほか、八戸短期大学と附属幼稚園はネットワークで繋がれており、幼稚園内に4箇所設置されているWebカメラからの映像が短大内に送られ、園児達の行動状況などを研究・観察することができ、研究や授業でも活用が期待されている。教材等については、八戸短期大学後援会の協力の下、多数の英語の絵本などを設置し園児が英語にふれる機会を増やすとともに英語レッスンの教材として活用するなど、附属幼稚園と八戸大学・八戸短期大学との連携が強化されてきた。
 また、八戸短期大学幼児保育学科教員が中心となり附属幼稚園において未就学児の運動能力調査を実施した。調査では、20=cd=b93a走、立ち幅跳びや、ソフトボール投げなど7種目の運動調査を行い、その結果に基づき、体力向上につながる発育に有効な遊びや運動を教員と学生によって選び、保護者や各幼稚園に提案していくことを考えている。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 総合研究所の活動状況について | トップページ | 野辺地西高校多目的室内スポーツ施設建設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/23329787

この記事へのトラックバック一覧です: 八戸短期大学と附属幼稚園の連携について:

« 総合研究所の活動状況について | トップページ | 野辺地西高校多目的室内スポーツ施設建設 »