« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

野辺地西高校 多目的屋内スポーツ施設完成

 10月22日、野辺地工学専門学校駐車場跡地に建設された、野辺地西高校多目的屋内スポーツ施設において、竣工祝別式が川崎忠紀司祭様の司式のもと、厳かに執り行われた。
 司祭様の招きの言葉と祈りで始まり、聖書朗読、水の祝福、建物の祝福、共同祈願、主の祈りが行われ、中村覺理事長が「野辺地西高校35周年記念事業の一つとして建設したこの多目的施設が無事に完成したことに心より感謝します。この施設を十二分に活用して、自分達の財産にして欲しい」と挨拶をした。そして、建設に携わった株式会社岡山建設代表取締役社長の荒谷清隆様に中村理事長より感謝状が贈られた。
 完成した屋内多目的スポーツ施設は、鉄骨造りで、559.11㎡の広さがあり、各スポーツクラブの練習には充分活用できる環境が整っている。
 特筆すべきは、施設の屋根が透明のフッ素フィルムでできており、日差しがそのまま室内に入り、とても明るくなっている。また、冬でも雪が積もりにくく耐久性にも優れている。
 このフッ素フィルムは、今年行われた北京オリンピックの鳥の巣といわれたメインスタジアムやウォータキューブ(北京国家水泳センター:水泳競技場)にも使用されたものであり、日本では北海道の一部で試用されているが、本州では、この野辺地西高校多目的屋内スポーツ施設が最初である。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ

 聖アンナ幼稚園では、行事を少しずつ見直し改革を試みている。親子ふれあいデーもその一つです。子どもが主体であること、準備に追われ子ども本来の生活がしにくくならないこと、子どもが子どもなりに行事を感じとれること、そして子どもの成長した様子を伝える場であることなどがあげられる。
 今年度の親子ふれあいデーは、平素の教育を大切にしたいという思いから、作品展示数は、子どもに無理のない範囲に止めた。その結果、保育を特別に崩すことなく、その中で絵画や製作を経験することを工夫したことは、発達を継続していく意味で効果的だったと思っている。
 当日は、作品を見ながら聞いてあげる姿はほのぼのと暖かい家族の様子が伺えた。「年齢の差がよくでていますね。」「うちの子も昨年より描けていて、こういうことなんですね」という発達を理解する保護者の声も嬉しく思った。この日を楽しく過ごせるように用意された一坪ショップやお買い物ごっこ、ミニコンサートも好評。「外国みたいに路上で聴くという感じでいいわね」という感想も聞かれ、親子で一日楽しく過ごしてほしいという願いの行事は成功といえるのではと思っている。今度いらっしゃいませんか。

聖アンナ幼稚園

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞

 光星学院高校教諭、宮古博文(書家名:宮古文雪)先生が第25回読売書法展の読売新聞社賞を受賞という快挙を達成した。
 読売書法展とは、古典・伝統の書を継承し、発展、向上を図るため、最高水準の公募展を目指して1984年に始まり、開催当初から質、量とも国内最大級を誇っている書法展である。
 その読売書法展が25回目を迎えた今回、宮古博文先生が、漢字部門において、最高の賞、つまり第1位の賞である読売新聞社賞を受賞した。
 書道の世界において、日本でも最大級の賞であり、全国でもなかなか受賞することが困難である賞に青森県南から初の受賞という快挙である。
 スポーツの世界に例えると、全国大会での優勝である。
 入賞作は、行草体という書法で書いた五言律詩「雨後晩行」で漢字の「帰」と「幽」をメーンに据え、字を扁平気味に描いて動きを抑えつつ、作品全体の華やかさを失わないように気を配って書いたという。
 高校では、社会科と書道の授業を受け持つ宮古先生は、今後の書家としての目標として「究極は、一生かけて納得のできる作品を作り上げること」と意欲を示した。
 宮古先生の作品は、他の入賞・入選した作品と共に、半年をかけて全国8都市を巡回しながら展覧会で公開されている。


学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸短期大学「看護学科」設置認可・来春開学

 大学設置・学校法人審議会の審査をした結果、10月31日付で文部科学省より八戸短期大学看護学科の設置が認可され、2009年4月に新設されることが決定した。
 新設される看護学科は3年制で、入学定員は、男女80名。看護師国家試験の受験資格が得られる課程で看護師養成のための高等教育機関として県南地方初となる。
 これで、八戸市を中心とした県南地方の方々が、地元で学べるようになった。
 現状では、医療の高度化に対応した質の高い看護師の養成が求められており、看護に関する総合的な知識と技能を有する人材育成を目的としている。また、「地域に根ざした看護」を目指して、地域に信頼される確かな知識・技術・コミュニケーション能力とともに、豊かな感性と人間愛を備えた看護師の養成を目指すことになる。
 すでに、2008年3月には、美保野キャンパスに、4階建の総合実習館が完成しており、看護学科の実習・研究室などで利用することとなり、教育環境は整っている。今後も県南地域が医療看護の面でレベルアップしていけるように、近隣病院と連携を強化し、優秀な人材の育成を目指す。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のへじ夏祭りに西高生が参加してきたあ!

 8月24日(日)、本校では今年度も地域社会の伝統ある歴史と文化に触れ、地域の人々との交流を図り、協調・奉仕の精神を養うことを目的として「のへじ祇園まつり」に山車を製作し、参加することになった。
 今年の夏祭りのスローガンは、「ふるさとの風と歴史を感じて~聞こえてくる祇園の調べ~」であった。生徒約70名、職員30名、保護者10名の合わせて110名の参加で、準備期間を数えると約1ヶ月を経過しての出陣であった。
 今年の山車の題材は、「藤原秀郷、大百足退治」で製作に当たり、大百足をどのように表現したらよいのか、また百足の顔(頭)をどのように製作したらよいのか、苦心した。山を一回りするくらいの大百足を、いかに迫力のあるものにしたらよいのかと、一週間ほど山車作りの生徒、職員で検討を重ねた。題材となった藤原秀郷は、実在した人物で、秀郷が平将門の左目を射抜いたことから、百足退治の伝説が生まれたと考えられている。
 実際の山車運行では、弓を射撃つ秀郷の姿と大百足が迫って来る様子に沿道の注目を浴び、好評を得た。今年はまつり祭典部から特別賞の「若祇賞」をいただき、本校関係者一同喜びの表情にあふれていた。
 またPTA関係では、母親委員会のお母さん方が、参加した生徒、職員への給食サービスなどの、支援をしてもらった。この「のへじ祇園まつり」には、今年で9回目の参加となり、本校の恒例行事として定着している。これからも野辺地町の伝統ある「祇園祭の精神を生徒たちに実感させ、継承していきたい。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光星学院高校スポーツフェスティバル

 7月2日、3日の2日間にわたり、美保野キャンパスで毎年恒例の光星学院高校スポーツフェスティバルが開催された。
 競技種目は、光星学院総合体育館で、バレーボールとバスケットボール、美保野キャンパスグラウンドではソフトボールとサッカー、短大体育館ではバドミントンとドッジボール、短大グラウンドではフットサルと綱引き、合計8種目が行われた。
 競技は、各クラス対抗で行われ、各クラスごとに赤や青などのおそろいのユニフォームに身を包んだ生徒達は、熱のこもった試合や応援をくり広げていた。

光星学院高校

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part10

㈱細谷地 お客様担当 野竹雄介さん

プロフィール
 岩手県野田村出身。花巻東高校-八戸大学卒業(22回生)。
 卒業後は郷里の企業㈱細谷地ガス事業部にて営業を担当。
 学生時代は軟式野球部に所属

Q.学生時代の思い出を聞かせてください。
A.軟式野球部に所属し3年連続で予選を勝ち抜いて東日本大会に出場ベスト8まで進出したことです。
Q.今も続けている野球についての話しを聞かせてください。
A.小学校から野球を始め、中学校時代は東北大会3位入賞しました。現在は地元の野球チームに所属し一応エースピッチャーです。
Q.地元に絞った就職活動は厳しかったと思いますが、当時の苦労話や現在就職活動をしている在学生にメッセージをどうぞ。
A.就職活動にあたって一番言われたのが「大学生は自分の力で就職を勝ち取る」ということでした。その言葉を胸に刻んで一生懸命探しました。いろんな人から情報をもらい地元の商工会議所や職安、ジョブカフェにも何度も足を運びました。
 自分の力だけで限界があったので行き詰まったり悩んだりしましたが、就職支援課のみなさんのアドバイスの他、最後は同じ郷里の教職員に助けられ、今の会社に勤めることができました。
 在学生の皆さんには、頑張れば必ず自分に返ってくるので、あきらめずに頑張って欲しいです。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »