« 宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞 | トップページ | 野辺地西高校 多目的屋内スポーツ施設完成 »

ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ

 聖アンナ幼稚園では、行事を少しずつ見直し改革を試みている。親子ふれあいデーもその一つです。子どもが主体であること、準備に追われ子ども本来の生活がしにくくならないこと、子どもが子どもなりに行事を感じとれること、そして子どもの成長した様子を伝える場であることなどがあげられる。
 今年度の親子ふれあいデーは、平素の教育を大切にしたいという思いから、作品展示数は、子どもに無理のない範囲に止めた。その結果、保育を特別に崩すことなく、その中で絵画や製作を経験することを工夫したことは、発達を継続していく意味で効果的だったと思っている。
 当日は、作品を見ながら聞いてあげる姿はほのぼのと暖かい家族の様子が伺えた。「年齢の差がよくでていますね。」「うちの子も昨年より描けていて、こういうことなんですね」という発達を理解する保護者の声も嬉しく思った。この日を楽しく過ごせるように用意された一坪ショップやお買い物ごっこ、ミニコンサートも好評。「外国みたいに路上で聴くという感じでいいわね」という感想も聞かれ、親子で一日楽しく過ごしてほしいという願いの行事は成功といえるのではと思っている。今度いらっしゃいませんか。

聖アンナ幼稚園

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞 | トップページ | 野辺地西高校 多目的屋内スポーツ施設完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/25688682

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ:

« 宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞 | トップページ | 野辺地西高校 多目的屋内スポーツ施設完成 »