« 八戸短期大学「看護学科」設置認可・来春開学 | トップページ | ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ »

宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞

 光星学院高校教諭、宮古博文(書家名:宮古文雪)先生が第25回読売書法展の読売新聞社賞を受賞という快挙を達成した。
 読売書法展とは、古典・伝統の書を継承し、発展、向上を図るため、最高水準の公募展を目指して1984年に始まり、開催当初から質、量とも国内最大級を誇っている書法展である。
 その読売書法展が25回目を迎えた今回、宮古博文先生が、漢字部門において、最高の賞、つまり第1位の賞である読売新聞社賞を受賞した。
 書道の世界において、日本でも最大級の賞であり、全国でもなかなか受賞することが困難である賞に青森県南から初の受賞という快挙である。
 スポーツの世界に例えると、全国大会での優勝である。
 入賞作は、行草体という書法で書いた五言律詩「雨後晩行」で漢字の「帰」と「幽」をメーンに据え、字を扁平気味に描いて動きを抑えつつ、作品全体の華やかさを失わないように気を配って書いたという。
 高校では、社会科と書道の授業を受け持つ宮古先生は、今後の書家としての目標として「究極は、一生かけて納得のできる作品を作り上げること」と意欲を示した。
 宮古先生の作品は、他の入賞・入選した作品と共に、半年をかけて全国8都市を巡回しながら展覧会で公開されている。


学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ


にほんブログ村 教育ブログ

|

« 八戸短期大学「看護学科」設置認可・来春開学 | トップページ | ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/25659443

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古博文先生(光星学院高校教諭)読売新聞社賞受賞:

« 八戸短期大学「看護学科」設置認可・来春開学 | トップページ | ようこそ「聖アンナ幼稚園親子ふれあいデー」へ »