« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

北城恪太郎氏(日本IBM最高顧問・元経済同好会代表幹事)をお招きして

 総合研究所では、平成21年度から「起業家養成講座(仮称)」を開催する。そのプレイベントとして11月4日、北城恪太郎氏(日本IBM最高顧問・元経済同友会代表幹事)を招いてのセミナーを開催した。
 また、セミナー終了後は、「八戸大・八戸工大・八戸高専 学術交流に関する協定1周年を記念し、「3学(校)長フォーラム」も開催、参加者は起業の必要性と地方高等教育機関の役割についての認識を新たにした。

○起業家養成講座(仮称)プレセミナー
 プレセミナーでは、北城恪太郎氏と、この度八戸大学客員教授に就任した大谷真樹先生(八戸市出身、ヤフーバリューインサイト㈱取締役・創業者)、丹羽浩正八戸大学ビジネス学部教授による鼎談が行われ、「10年間で100人の起業家を青森から輩出する」目標や他にはない講座の特徴について説明、「青森県には3つの良い材がある。木材・人材・食材で、ないのはやる木(気)だけだ」と説き、目に見えない隠れた資産への気づき、未来洞察力、マーケティング戦略の想像力と行動力に欠けており、発想の転換次第で何ら負い目を感じることはないと語った。

○学術交流に関する協定1周年記念「3学(校)長フォーラム」
 フォーラムでは、「起業による地域活性化と高等教育機関の役割について、北城恪太郎氏が基調講演、その後、「高等教育機関における人材養成と社会貢献」について、庄谷征美八戸工大学長、鈴木宏一八戸大学長、井口泰孝八戸高専校長がパネルディスカッションを行った。北城氏がアドバイザーとして参加したほか、日銀の鶴海誠一青森支店長がコーディネート役を務め、「教育・産業振興・地域活性化」の3点について活発な情報交換を行った。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ココロが軽くなる人権学習講座」に参加

 青森県では今年度人権教育・学習推進事業を実施している。野辺地町でも推進委員会を立ち上げ、事業を実施しており、その一つとして9月6日~7日の一泊2日で高校生を対象に学習会が行われた。
 事業趣旨は、高校生を対象に自己肯定感やコミュニケーション能力を高める学習をとおして人権感覚を磨き、自分の未来について希望、目標を掲げることが出来るようになることを目指すものであった。
 野辺地町にある森林センターに於いて行われた学習会に23名の生徒が参加し、13時から22時までと翌日は8時30分から11時までハードなスケジュールの中で真剣に講師の指導を受けていた。途中にはバーベキューや盲目のミュージシャンのライブがあり、気分転換を図りながらワークショップをとおし、今の自分は?未来の自分は?働くこととは?について、深く考えることが出来たと感想を話していた。特に進路について決める時期にある3年生は参考になったという。
 今まで経験したことのないこのようなワークショップに参加したことは、生徒達の心の深い部分に影響を与えてくれたと思う。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大里アミューズ元会長講演会

 9月24日、アミューズ元会長の大里洋吉氏が来校した。アミューズは東京に事務所のある芸能プロダクションで、サザンオールスターズ、福山雅治など、500人ものアーチストを抱える日本を代表するエンターテイメント企業です。そのビッグネームである大里氏が本校の体育館で、800人の生徒に対し「これからの日本-若者へのメッセージ」というテーマで一時間半の講演を行った。
  大里氏はアーチストとの、興味深いエピソードを交えながら、若者の夢について語り、広い体育館を回りながら一人一人の生徒にマイクを向け「君の夢は?」と尋ねた。また、ご自身の体験から、「学ぶ」事の大切さを強調され、生徒に、生涯学ぶ姿勢を忘れてはならないという事を熱い口調で語りかけた。90分という長い時間であったが、大里氏の人を引きつけるパフォーマンスに、生徒、教員とも、時を忘れて聞き入った。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターアクト部としての奉仕活動

 インターアクト部では、奉仕活動としてさまざまな活動を行っている。部員一人ひとりが、人の役に立つことの大切さ、自分にも力になれることを実感できる機会としている。
 今年度の活動は、春のクリーン大作戦から始まり、緑の羽根募金活動(5月)、6月から月一回の「リトルエンジェル」の活動、古切手回収のための回収箱作り、湊高台地区連合町内会の「敬老会」の奉仕活動と赤い羽根共同募金などです。
 毎月一回、土曜日の午前中、「リトルエンジェル」に通う小学生の学習会の補助に出かけている。子ども達は、遊びを通して社会性を学んでいますが、私たちは子ども達と触れ合いながら、楽しい時間を過ごしている。また、古切手の回収を去年から始め、去年集めた古切手を今年5月に財団法人日本キリスト教海外医療協力会に送った。今年度も引き続き回収しており、回収箱も校内に6個設置し、全校に呼びかけている。さらに、「24時間テレビ・愛は地球を救う」の募金活動に参加した。
 そして、現在、赤い羽根共同募金を行っている。光星祭での部の展示場所に募金箱を設置し、協力を呼びかけた。募金期間はまだですので、引き続き活動して善意の輪を広げたいと思っている。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャリアサポート研究会「カタリバ」

 キャリアサポート研究会は、県内8つの大学および青森県教育庁生涯学習課の方々と一緒に、高大連携支援事業「カタリバ」を行っている。
 「カタリバ」とは高校生に対し、親や先生などの縦の関係ではなく、また友達との横の関係でもない、少し大人な大学生からの斜めの視点で、進路や悩みについて一緒に考えていく活動である。
 大学生は三八地区、弘前地区、青森地区の3つに分かれており、各地区で研修会などを通し、コミュニケーション技術や企画、運営能力を学んでいる。
 企画を進めるにあたって、準備や各大学の学生を1つにまとめるなど大変なこともあるが、それ以上にやりがい、達成感が大きい。企画終了後にみせる高校生の表情は、いきいきとしている。その表情を見ることが何よりの喜びである。普段は違う大学に通う大学生が一ヶ所に集結し、1つのことをやり遂げるということは、たくさんのメリットがあり、スキルアップにもつながる。
 これからたくさんの企画をこなすと共に、こうした活動に積極的に取り組む大学生を増やしていきたい。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間健康学部へ実験機材の寄贈

 総合実習館2F基礎医学実習室に、関係機関・関係者からの寄贈があり、次のような機材が新たに加わった。寄贈内容は以下の通りである。

●人間健康学部 教授 吉田 稔
・蒸留水製造装置(EYELA STILL ACE  SA-2100E)1台
 試薬等を溶かすための純水を製造する。
・超音波洗浄装置
 (YAMATO 8210)1台
 実験に使用後のガラス器具等の洗浄に用いる。
・紫外可視分光光度計
 (SHIMAZU UV mimi 1240)1台
 簡単な比色分析から、高度な定量測定並びにスペクトル測定できる。またDNAや蛋白質の濃度を発色操作を行わないで直接紫外波長領域(230nm、260nm等)の吸収バンドの定量もできる。

●環境省国立水俣病総合研究センター
・卓上冷却遠心機
 (DISKBOY FR-100)1台
 回転数を12,000rpmまで上げることができ、微量の試料の分離に利用できる
・マイクロプレートリーダー
 (Bio-RAD model 550)1台
 さまざまな分野における吸光度測定を、96穴マイクロプレートを用いて迅速に行う比色計で、各種EILキット測定等に利用できます。フィルターは450nm、490nm、595nm、655nmが装着されている。
 この寄贈により本学での学びの幅が更に広がったと言える。寄贈していただいた、関係機関・関係者の方には心より感謝申し上げます。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度三団体親睦会開催される

 平成20年度光星学院高校専攻科三団体(PTA後援会・PTA・同窓会)の役員および理事による親睦会が、10月11日(土)午後6時30分より八戸グランドホテルにて開催されました。専攻科の教育事業の後援および発展に寄与する目的として、三団体の皆さんが交流するこの親睦会は、平成14年から始まり今年で7回目を数えました。今回は三団体の方々と学校長はじめ専攻科教職員あわせて21名の参加でした。
 椿鉄男PTA後援会会長の「各学校では少子化の影響を受け、生徒数が減少していますが、これからも専攻科のますますの発展を願って教職員皆様のご協力をお願いします」との挨拶に続き、山西幸子学校長から「このような親睦会が長く続くことはありがたいことです」とお礼の言葉が述べられました。
 松川敏雄同窓会長の乾杯により始まった懇親会は、時間を忘れ各テーブルとも話題が絶えることなく終始和やかに親睦を深め、あっという間に予定の時間になりました。
 梶浦春光PTA会長の締めの挨拶により、今年度の三団体親睦会はお開きとなりましたが、話の尽きない方々はこの後、場所を変えてさらに親睦を深めたようです。
 今後もこの会がますます活性化し、専攻科の支援各団体の活動に理解を深め、会員相互の親睦が図れるようにしていきたいと思います。

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法人内附属幼稚園初任者研修開催

 8月19日(火)法人内の附属幼稚園(八戸短期大学附属幼稚園、聖アンナ幼稚園、びわの幼稚園、第二しののめ幼稚園)に勤務する初任1年目または2年目の教員に対して、初任者研修が行われた。
 八戸短期大学附属幼稚園の多目的室で行われた研修は、初任者が幼稚園の概要と内容を学び、各人の幼児教育への専門性と人間性を深めることを目的とし、各園の園長が、職員の服務・文書の作り方、幼稚園の現状と課題、幼稚園の概要と担任の役割、児童理解と自己理解・人間関係論についてそれぞれ講座を行った。
 また第二部として、日を改めて、各園において副園長による「自園の現状と課題」の講座が行われ、初任者教員は、各講座で学んだポイントと感想をレポートにして提出した。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEW「光星祭」開催

 10月18日(土)・19日(日)の2日間の日程で、新校舎で初めての文化祭「光星祭」が開催された。昨年は校舎の工事のため開催できず、二年ぶりの開催となりましたが、3200名の来場者を記録し、大盛況の「光星祭」となった。
 従来の各科展示、文化部展示、模擬店の他に、多種のイベントを用意して実施した。初の試みとして18日(土)の夕方に中夜祭と銘打って、カラオケ決勝大会や・ドリームドーム点灯式・2008光星アウォードが行われ、最後に花火大会と趣向を凝らしたイベントが実施された。間近で見る花火は迫力があり、生徒達の大歓声に包まれ中夜祭は終了。19日(日)は八戸市出身のアーティストのタカチャを招き、体育館でライブが行なった。会場は大きな盛り上がりを見せ、タカチャと観客が一体となる素晴らしいライブとなった。
 新しい校舎・新しいイベントと来場者には十分楽しんでもらえた光星祭となったと思います。最後に光星祭に携わって頂いた全ての方に感謝いたします。ありがとうございました。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護福祉科研修旅行

 今回の研修旅行では、東京都青梅市の盲老人ホーム聖明園曙荘を見学した。そこでは視覚障害があっても生き生きと自律した生活を送っていることに驚いた。聴覚や触覚を活かした生活を送れるように工夫されていた。例えば手をたたくと音に反応して、音声で時刻を知らせてくれる時計、手すりに大中小のビスが打ってあり、自分の部屋が分かるように工夫されていた。また利用者との関わりの中では、相手を尊重し真心を込めて見守りながら、接していると聞きました。クラブ活動や音楽会を通じて地域との交流も図られていた。
 研修で、本間昭雄理事長の講話を聞いて「5つのS」が心に残った。それは、①誠実に真心を持って接する②常に学習する③専門的知識を学ぶ④笑顔⑤品格の5つです。これは介護福祉士として大切なことなので、日々の生活を振り返り、この5つのSを身に着けられるように目指していきたいと思った。
介護福祉科 2年生 杉澤 多佳子(光星高校出身)

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜講座始まる

 総合研究所の社会人のリカレント事業である「08そうけん土曜講座」が5月から開催されている。今年度は2つの教養講座と3つの資格取得講座を開催。既に終了した春の講座(ロシア文化講座・福祉住環境コーディネーター講座)に続き、秋の講座(公開講座・食生活アドバイザー講座)・冬の講座(日商簿記講座)が開催される。
 土曜講座は生涯学習の一環として、年齢や学歴に関係なく学習したい方へ学習機会を提供するもので、70代後半の方から現役の高校生まで、毎週土曜日には、幅広い年齢層の方が研究所で学んでいる。
 なお、全ての講座があおもり県民カレッジの単位認定講座となっている。
 特に公開講座では、普段学生に講義をしている大学短大の先生方が、人生経験豊富な受講生の質問攻めにあうことも多く、いつもの講義とは違う刺激を受けている様子がうかがえる。
 資格取得講座を中心に既に来年度の問いあわせもあり、今年度の状況をふまえながら、地域住民のニーズに応えられるリカレント講座の開設に向け、検討を始めている。

八戸大学総合研究所

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IT教育研修会・経営ビジネスセミナー 開催される

 (財)八戸地域高度技術振興センターと総合研究所の共催事業である「IT教育研修会2008~KADARU」・「経営ビジネスセミナー」がこのほど開催された。

○IT教育研修会
 8月7日、市内オフィスにおいて、
「IT教育研修会2008~KADARU~」が開催された。IT教育研修会は、八戸地域のITコミュニティ作りを目指し、平成13年度より始まったもので今回6回目。
 今回は、テーマを“地域コミュニティ”とし、「はちのへ地域SNS『はちみーつ』の概要」(八戸市総務部情報システム課:澤田美智明 氏)、「情報モラル教育とICT活用の現状と課題」(八戸市総合教育センター:工藤正道 氏)、「携帯電話を安心して利用するために」(NPO法人知的財産研究推進機構:及川博道 氏)の3講演を実施。小中学校・高校の先生方や地元企業の方など約30名が聴講した。講演では八戸地域で起きた出会い系サイト被害・携帯裏サイトの紹介なども行われ、多くの質問があり理解と交流を深めることができた。

○経営ビジネスセミナー
 9月12、19日の2日間、市内オフィスにおいて「経営ビジネスセミナー」が開催された。このセミナーは経営の革新・業務改善や新規事業の展開に取り組もうとする経営者・管理職を対象としたもの。今回の講座は「社員の健康管理」(講師:三井隆弘人間健康学部専任講師)、「人材評価」(講師:丹羽浩正ビジネス学部教授)をテーマに開催。実習を交えながらの講座を熱心に受講していた。

八戸大学総合研究所

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父母の会地区懇談会開催される

 平成20年度の八戸大学父母の会地区懇談会は、11月1日八戸大学会館、11月3日マリオス(盛岡駅西口)の2カ所で開催され、両会場あわせて約50名の父母が参加した。
 両会場とも、学長挨拶の後、学部などの状況説明や個人面談が行われた。
 今年度から新たに、父母向けの「就職セミナー」を実施。就職情報会社である株式会社ディスコの菅野健朗東北支社長が「保護者に伝えたい就職情報-子どもの進路とどう向きあうか-」と題して講演した。
 個人面談では、ゼミ担当教員が春学期末までの成績や部活動の状況、ゼミでの様子を父母に説明、普段知ることができない大学での様子を知った父母は満足した様子だった。
 父母の会事務局では、1年に1度教員と父母が直に接することができる機会なので、もっと多くの方に参加していただけるよう、さらに内容を充実させたいとしている。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸大学・短期大学オープンキャンパス

 この度、八戸大学・八戸短期大学オープンキャンパスを7月19日に引き続き、8月9日、9月6日、10月4日と開催した。     
 全日程において、Work・ Word・ Well-being・World・Wonderful・Happyのコンテンツに基づき『八大・八短式5W1H』と銘打って、「すてきな大人になろう」「心理学入門~心を科学してみよう~」などの特別講座を実施した。
 また、参加者の皆さんと元Jリーグ監督の清水秀彦氏、青森放送アナウンサー夏目浩光氏との対談や、体験授業、スタンプラリー形式の施設見学、学食での体験などにより、美保野キャンパスで学生気分を味わった。
 最終回の10月4日には入試対策講座を実施した。入試概要説明の後、面接や筆記試験などのポイントを伝授。幼児保育学科に至ってはピアノの実技試験のデモンストレーションを行った。また、2009年4月新設の看護学科については、看護師に必要な資質についてのワークショップを行い、学力向上だけではなく豊かな人間性が求められていることへの理解が促された。参加者はいずれも真剣な眼差しで聞き入っていた。そんな彼らが希望する学部・学科の合格を手にし、表情が笑顔でほころぶ来春、もう一度美保野キャンパスで再会したいものである。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸短期大学「看護学科」入学試験説明会開催

 この度設置認可申請中の八戸短期大学看護学科が、10月31日付け設置認可の運びとなった。その事を受け、11月7日八戸プラザホテルにおいて、2009年4月に八戸短期大学に新設される「看護学科」に関する入学試験説明会を行い、県内外より約30校30数名の高校教員が来場し、約2時間にわたる説明を傾聴した。
 まず始めに、蛇口浩敬八戸短期大学長より挨拶がなされ認可の経過報告と共に、医療界に役立つ優秀な人材を育成したい旨明示された。その後看護学科設置委員長をはじめ、各スタッフより教育理念やカリキュラム、卒業後の進路に至るまで具体的内容の説明及び入試事務室長より、今年度行なわれる入学試験の説明を行った。 説明会終了後の質疑応答では、より具体的な入学試験対策や、学費に関する質問が出たりするなど盛況の内に閉会した。
 また、同ホテル内で同時進行で開催した高校生・保護者向け相談会においても多数の保護者及び高校生が来場し、各ブースにおいて熱心な質疑応答が繰り広げられた。来る12月には推薦入学試験が行われ、県南初の看護師養成短期大学として記念すべき新たな一歩を踏み出すことになる。4月スタートに向け、様々な具体的準備を進めていく中で、学内的な結束が深められるよう努力していきたい。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸短期大学名誉学長石丸浩文先生、瑞宝小綬章受章

 2008年秋の叙勲で、八戸短期大学名誉学長である石丸浩文先生が、瑞宝小綬章を受章した。
 石丸先生は、長年教育界に身を置き、八戸短期大学及び幼稚園の開設や幼稚園教諭・保育士の育成並びに学生の教授指導に携わり、幼児保育分野における研究者としての功績を残すなど、幼稚園から大学までの研究・教育や私立学校振興に関しても多大な貢献を行い、その顕著な功績功労が認められ、この度の受章となった。
 石丸先生は、昭和31年に学校法人光星学院に奉職し、光星学院高等学校教諭を経て、昭和46年4月に開学した青森県南・岩手県北初の高等教育機関である「八戸短期大学」の開設準備委員長として、短大開設に関する一切の事務作業を取り仕切り、開学後は事務局長として教育基盤の礎を築いた。昭和48年から平成14年までは八戸短期大学幼児教育学科の教員として、幼稚園教諭・保育士の育成に携わり、同短期大学の幼児教育学科長・副学長代理・副学長・学長を歴任、平成14年には八戸短期大学名誉学長の称号を授与された。
 在任時は、本学院付属幼稚園の開設、教育環境の改善と学科増(昭和62年経営情報学科開設)に貢献、「八戸大学・八戸短期大学図書館」を開設、本学院の教育環境の充実と発展並びに業務運営の推進に貢献、本学院「立体的総合学園構想」の構築に尽力した。
 その他にも、八戸地域の各種委員や講師として地域のレベルアップに努めたほか、全国保育士養成協議会東北ブロック理事として組織の強化、全国大会で発表を行うなど同協議会発展にも多大な貢献をした。
 これらの功績が認められ、昭和54年には青森県知事より私学振興表彰、平成2年には文部大臣より教育功労賞、平成3年には青森県私立幼稚園連合会会長より教育功労表彰、平成12年には全国保育士養成協議会長より教育功労表彰を受け今日に至っている。

石丸浩文先生の経歴紹介
S31 光星学院高校教諭
S42 学校法人光星学院理事
S46 八戸短期大学事務局長
S48 光星学院八戸短期大学講師
S51 光星学院八戸短期大学助教授
S53 光星学院八戸短期大学副学長代理
S54 光星学院八戸短期大学附属第二しののめ幼稚園園長
S56 光星学院八戸短期大学教授
S59 光星学院八戸短期大学副学長
S62 光星学院八戸短期大学幼児教育学科長
H7 光星学院八戸短期大学学長
H14 光星学院八戸短期大学名誉学長

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »