« 楽しかったお泊り保育 | トップページ | 花火大会会場設営 »

2008 study trip to amerika

 今年度の海外研修は北アメリカの三つの大きい都市(ロサンゼルス、シアトル、ビクトリア)を訪れた。特に現地大学の留学生の英語授業での交流は、とても良い体験であった。他のアジアの国の留学生は英語を学ぶ姿勢が積極的で、自分から質問をし、間違いを恥ずかしがらずに大きな声で英語を話している。その姿に学生たちは大きな刺激をうけていた。ホームステイも一人一人が違う経験をし、アメリカという国は、多くの人類がおり、日常の食物、習慣、宗教、思想は家族によって違うのだということを感じとることができたと思う。また、研修期間中には「課題」を学生に与え、誰の手伝いもなしに、自分の英語を実際に試した。通りがかりの人に道を聞いたり、スーパーの店員に食品探しを頼んだり、郵便局で手紙を出したり、レストランの予約をしたりなど。皆、緊張はしていたが、最後まで頑張って、自分の力だけでやりとげていた。自分の英語が通じた時の喜びや、目標を達成したことで、自身の英語力の強い自信につながったと確信した。普段の英語教室ではこのような実際的な経験はできないので、海外研修は本当にすばらしい体験だと思う。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 楽しかったお泊り保育 | トップページ | 花火大会会場設営 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/27765128

この記事へのトラックバック一覧です: 2008 study trip to amerika:

« 楽しかったお泊り保育 | トップページ | 花火大会会場設営 »