« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

目標は全国高総文11回目出場 光星学院高校書道部

 光星学院高校書道部は、1981年に創部され、過去10度にわたって全国高総文祭に参加し、これまで数多くの大会で上位入賞を果たした上、地域の書道展や美術展に多くの作品を出展してきた。その実績が認められ、2008年度の「青森県高校文化活動奨励賞」を受賞した。高総文が終わった今も次の展示会向けて精力的に活動している。書道部の構成人数は8名、その活動は、放課後の15:30から18:00まで美術室で行われており、部員達は日々漢字の条幅(半切と言われる大きさ(1,348㎜×333㎜)に書くこと)の練習に励んでいる。主な練習方法は、臨書という手本を見ながら書くことで、墨の濃さ、筆の使い方などを顧問の宮古博文先生より指導を受けながら真剣に取り組んでいる。
 また、展示会に出展する作品などは、全紙(1,348×666)で出展することもあり、この全紙を書き上げるのは、約30分から40分の時間を要し、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積される作業であり、文化部とはいえ、まさに体力も必要である。
 このような書道部としての活動を通して部員達は、筆の使い方が前よりも上手くなった。字を見て真似る力がついた。と自分がスキルアップしていることを語っている。
 今後の目標として、全国高総文への11回目の出場と、全国高校書道展で部員全員が入賞することを掲げ、日々精進しているところだ。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part11

Q.学生時代の思い出を教えてください。
A.生涯の友達ができ、先生方や事務の方と親密に接することができたことがいい思い出です。社会に出たあと、その有難味がよく分かりました。
Q.商売柄気をつけていること、大切にしていることを教えてください。
A.お店をやっているので、お酒に関しては勉強しています。酒蔵訪問をしたり、酒屋さんを通じて美味しいお酒を勉強しています。自分が美味しいと思ったお酒を一方的に「美味しい」というだけではなく、「これはこういう味です」とお客様や従業員に伝えること-難しいけれども頑張ってやっています。
Q.在学生にメッセージをどうぞ。
A.社会に出てからも学ぶことが多いけれども、今学んでいることが社会に出るためのステップになると思います。勉強も遊びも真剣に4年間突っ走ってください。
 それから、仙台に来たら是非店に寄って「八大です」といってくれれば嬉しいです。

仙台駅地下
「飯・魚・酒・肴 松島」
オーナー
高橋大輔さん

プロフィール
 仙台育英学園高校-八戸大学卒。
 卒業後は幸楽苑勤務を経て家業の玉屋商事㈱入社、現在は取締役。
 仙台市内でコンビニ6店の他飲食店などを運営する。
 学生時代は柔道部に所属した。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司書研修者の受入れについて

 この度、8月下旬に、八戸看護専門学校より新規採用する図書館司書について、本館において研修を受けさせて欲しいとの依頼があった。地域に開かれた図書館として、一般市民へも開放していること、絵本の読み聞かせ講座等の公開講座を開催していること、八戸短期大学の学生をインターンシップとして受入れした実績があること等、幅広い文化活動を行っていることが評価されての、司書研修の依頼内容であった。
 学生ではなく、一般社会人の方の研修を担当するのは初めてのことでしたが、大学図書館としての社会的責任と地域社会への貢献という観点から、研修者を受け入れることにし、9月16日(火)~26日(金)の期間、司書研修を実施した。
 研修内容は、図書館業務全般について研修者から特に要望があった。年間事業計画(業務スケジュール)の立て方や、日・週・月ごとのルーチン業務の流れ、貸出・返却の一連作業、未返却者への対応、学校図書館としての留意点、レファレンス記録や回答の方法、情報(書誌)検索の基本等の指導を行なった。研修者も熱心に受講され、大変有意義な研修であったと満足していただけたようであった。
 通常業務に加えての一般社会人の研修者受入れは、少々大変な業務でしたが、本図書館がこれまで行ってきた地域社会や地域文化への貢献が認められたことは、大変喜ばしいことだと思った。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美保野キャンパス野球場防護ネットサブグラウンド設置

 美保野キャンパスにある光星学院高校と八戸大学の各硬式野球場に、練習環境充実のため、八戸大学父母の会と美保野環境班(学園サービス)の協力を頂き、光星学院高校硬式野球部サブグラウンドには防球ネット、八戸大学硬式野球場にはサブグラウンドがそれぞれ設置された。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 事務職員研修会

 平成20年度学校法人光星学院事務職員研修会(学園サービス職員含む)が平成20年8月12日(火)参加者87名で行われた。研修の内容は次のとおりです。青森放送株式会社取締役・支社長「斎藤幸彦氏」による講演、その後一般職員は「学校法人諸規程」「関係法令集・経常費補助金・文章作成」「財政と予算」「年金特別便・届出」が行われ、業務班においては「交通安全指導・適性検査」の研修が行われた。
 斎藤幸彦支社長による講演では、放送業界にまつわるエピソードや支社長としての部下の指導や採用時におけるポイント、趣味のスポーツにまつわるエピソード、斎藤氏独特の価値観でいろいろなニュースに関する批評など多岐多種にわたる講演内容でした。
 一般職員の研修は、総務・財務・人事担当部署から業務に関する基礎知識等の講話があった。
 業務班の研修は、交通安全に関するビデオ視聴、適性検査等が行なわれ安全運転の再確認をした。
 研修終了後、同会場にて講師を務めて頂いた斎藤支社長をお招きし、法人職員と共に終始賑やかな懇親会が行われた。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八大生・八短生が作る番組「ハチバン!」放送開始

 10月より、八戸テレビ放送で八大生・八短生が作る番組「ハチバン!」の放送が開始した。「ハチバン!」は、学生サークル「Be-labo」が中心となり自主制作している番組で、学生視点から学院の教育施設や学生・生徒・子どもたちの活動を紹介していく。
 第1回目の放送では「みんなだいすき、ほしのこのなかま」をサブタイトルに、八戸短期大学附属幼稚園・聖アンナ幼稚園・第二しののめ幼稚園の紹介、八戸短期大学の学生と光星学院高校の生徒の幼稚園での実習風景を収録。
 「Be-labo」は、番組制作にあたり、同様に自主制作をしている地元グループの取材現場を見学し、取材方法・編集機器などを検討。学生自身が番組構成を考え、各幼稚園の行事に出向き様子を取材したほか、園児・先生へのインタビューも行った。
 また、番組最後にインフォメーションコーナーを設け、学院内の各学校の行事を紹介している(初回は学園祭(光星祭・光華祭・秋桜祭)のPR等を放送)。
 「Be-labo」の奮闘成果は、放送で。

八大生・八短生が作る番組「ハチバン!」
放送時間
第2第4金曜日
11:00・19:00・22:00
第2第4土曜日
8:30・15:30・19:30

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランタリディ2

 ライフデザイン学科の1・2年生約50人が10月1日(水)の午後に「まちなかモデル講習会」を行った。本学とNPO法人はちのへ地域再生シニア協議会モデルクラブ「アン・オリーブ」と共催し、十三日町にあるジドバ夢ホールで開催された。
 ライフデザイン学科では毎年ボランティア活動を行っており、この日の午後は特別授業として、舞台表現レッスンやモデルのような綺麗な立ち居振る舞いの基礎を学んだ。
 舞台表現では、東京で舞台家として活躍されている「仙台エス・オー・エス」モデル兼講師の戸石充氏から講演をしてもらい「話す時は相手の主張を良く聞き、自分の言葉(声)がどう届くか意識しながら行うことが大事」などのアドバイスを受けた。
 舞台表現に続きモデルレッスンが行われ、学生たちはアン・オリーブの松山美智恵氏の手解きを受けながら、綺麗に見せるための立ち方やウォーキングに挑戦した。慣れない立ち方や歩き方に学生たちは戸惑いながらも楽しんでいたようである。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢空港施設見学

 10月9日(木)、ライフデザイン学科1年の講義「旅行業法」「旅行実務Ⅰ」で、三沢空港の施設見学が行われた。この講義では、三八五観光株式会社の小林一光氏が非常勤講師として担当している科目であり、社団法人全国旅行業協会「国内旅行業務取扱管理者試験」の合格を目指し、標準旅行約款を中心に、各種約款について学習をしている。
 三沢空港に着いた学生たちが最初に見学したのは出発ロビーと屋上の送迎デッキ。三沢空港内の滑走路や奥に隣接している米軍基地の諸説明を受けた。続いて事務室内を見学。日頃見ることの出来ない事務室に入った学生たち。受付ロビーとは異なる裏方の仕事に耳を傾けていた。外国人とのやり取りを行うために受付ロビー担当者は、TOEIC700点以上が必須になっていることを知った学生たちは驚いていた。続いて見学をしたのが到着ロビー。最後に見学したのが貨物倉庫。飛行機によっては重さが決められているため、荷物を一括して量る機械に学生たちが全員乗り、その重さを体験した。
 旅行関係の科目では「旅行業法」「旅行実務Ⅰ」の他に「旅行実務Ⅱ」「観光地理」の4科目があり、座学だけではなく、こうした施設見学等を含めて講義を進めている。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生会だより 安全ラリー大会

 自動車科の安全ラリー大会が9月18日(木)に行われた。この大会は31回の歴史をかぞえ、伝統の大会にもなっている。競技の内容は、スタート直前に渡されるコマ地図を見ながら制限速度で進み、三カ所のチェックポイントを通過する際のタイム差で競われる。今年度は13チームが参加した。地図の見落としからコースから外れて、迷うチームが数台あり、規定のタイムからかなり遅れてゴールする場面が多く見られたが、事故もなく全車が無事にゴールすることができた。昼食後の表彰式で各区間賞と順位が発表され、今年度のラリー大会は終了した。
 学生会では、この大会を伝統行事として来年度以降も続けていきたいと思っている。

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAPAN CUP 2008 日本選手権チアリーディング大会東北予選会 優勝(3連覇)

大会日 平成20年7月13日
会 場 宮城県岩沼市総合体育館

 7月13日宮城県岩沼市総合体育館で行なわれたJAPAN CUP 2008日本選手権チアリーディング大会東北予選会でチアリーディング部LUSTERSは大会2連覇を果した。
 チアリーディングは「相手より点数を多く取る、敵を倒す」といった闘うスポーツとは異なり、「いかに観客を魅了し、ひきつけることができるか」を競う「表現競技スポーツ(見せるスポーツ)」です。チアリーダー達はこのスポーツを通して、相手を思いやる心と強い精神力、心の豊かさを学んでいきます。まさに、心身(心と体)の育成の理に適った、これからの新しい活動のスポーツといえます。
 私達は「支え合う心(チアスピリッツ)を大切に!」これからも頑張ります。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王座奪還に向け

 平成20年度は、王座奪還にむけ全精力を注ぎ、年度初めには初の試みで、京都の宇治へ修行に全員で行き精神面を我々指導者も共に鍛えた。シーズンに入ると強化練習期間を設け夜の12時頃まで練習をしたこともあった。しかし、春の県大会では準決勝でライバル校に敗れ、さらに鍛錬を重ね挑んだ夏の甲子園予選でも決勝で同じ高校に完敗し、これからどのようにしたら勝てるのか一時は途方に暮れた。
 しかし、諦めるわけにはいきません。先輩達が残してくれた財産を受け継ぎ1・2年生が立ち上がってくれた。新チーム発足当初は練習試合をするたびにボロ負けでしたが練習に練習を重ねついに秋季青森県大会では決勝戦で青森山田高校をやぶり3年ぶりに優勝することができた。選抜甲子園大会の予選でもある東北大会でもその勢いにのり12年ぶり2回目の優勝をすることができた。チームが一丸となり素晴らしい試合をすることができた。今年は“挑戦”と“自立と自律”をスローガンにこれからも奢ることなく頑張っていきたいと思う。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第47回同窓会総会開催される!

 9月20日秋晴れの中、新築となった光星学院高等学校に当時の面影を懐かしむ同窓生の方々が大勢集った。今年度は特に、新築校舎見学会も企画され第1会場と第2会場に分けての開催となった。
 第1会場での総会は、新築記念の時計台贈呈式の紹介と中庭(スチューデントプラザ)でのアトラクションもあり盛大に開催された。第2会場は中村覺理事長、歴代同窓会会長ほか多数のご来賓出席のもと、八戸プラザホテルアーバンホールにて恒例の総会・懇親会となった。
 豊島典興同窓会長は、3年後の同窓会50周年記念大会への会員の協力要請を熱く訴え、校歌の大合唱と万歳三唱で成功裏に終了した。

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火大会会場設営

 8月10日(日)
 当日は、雲一つない晴天だった。
 作業の前に、先生から作業の内容を聞くととても大変そうな感じがした。
 だが、いざ作業を行って見ると、地域の関係者の方々の力も借りてシ-ト張りがとてもスム-ズにできた。でも安心したのもつかの間で、突風が吹きせっかく張ったシ-トが飛ばされてしまうハプニングがあり、大変な思いもしました。それでも無事にシ-ト張りも終わり、モップで水拭きをしました。
 この作業もみんなで力を合わせて頑張って結果予定より早く終わることができました。
 作業が終わった後に、シ-トの上に寝ころがったとき、空高き昇る太陽を見て気持ちが良かったのと、同時にやり遂げた達成感を感じました。
 今回、このボランティア活動を通して地域の人達と一緒に働き貴重な体験ができて良かったです。来年は、後輩達の
張ったシ-トの上で花火を見たいと思います。
工業技術科 建築コ-ス 熊野 大輔

光星学院高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 study trip to amerika

 今年度の海外研修は北アメリカの三つの大きい都市(ロサンゼルス、シアトル、ビクトリア)を訪れた。特に現地大学の留学生の英語授業での交流は、とても良い体験であった。他のアジアの国の留学生は英語を学ぶ姿勢が積極的で、自分から質問をし、間違いを恥ずかしがらずに大きな声で英語を話している。その姿に学生たちは大きな刺激をうけていた。ホームステイも一人一人が違う経験をし、アメリカという国は、多くの人類がおり、日常の食物、習慣、宗教、思想は家族によって違うのだということを感じとることができたと思う。また、研修期間中には「課題」を学生に与え、誰の手伝いもなしに、自分の英語を実際に試した。通りがかりの人に道を聞いたり、スーパーの店員に食品探しを頼んだり、郵便局で手紙を出したり、レストランの予約をしたりなど。皆、緊張はしていたが、最後まで頑張って、自分の力だけでやりとげていた。自分の英語が通じた時の喜びや、目標を達成したことで、自身の英語力の強い自信につながったと確信した。普段の英語教室ではこのような実際的な経験はできないので、海外研修は本当にすばらしい体験だと思う。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかったお泊り保育

 7月25日(金)・26日(土)、一泊二日で実施されたお泊り保育。年長組ぞうさんチームにとってはドキドキわくわくのイベントとなりました。
 夕方4時30分には一人また一人と布団を入れた大きな荷物とともに集合。「家族と離れ、一人で大丈夫かな?」とご父母の中には不安そうな様子を見せた方もおりました。
 夕食のメニューはカレーライス・ポテトサラダ・フライドポテト・唐揚・麦茶、そしてデザートは自分で作った「パフェ」です。
 デザート作りは先生の指導の下、透明なカップにきれいに材料を入れ、仕上げはチョコシロップをかけ出来上がり。しばらく冷蔵庫で冷やして美味しくいただきました。
 夕食が終わると歯磨き、そして楽しみにしていた花火大会へ。浴衣に着替えた子どもたちは我先にと外へ飛び出し、晴れ上がった夏の夜空の下、花火を片手にはしゃぐ声が響きました。
 午後9時、寝間着に着替えて就寝。心細くて泣き出す子もいるのではという心配は取り越し苦労でした。1時間後にはみんなスヤスヤと眠りにつき、布団を蹴飛ばす子、お友だちの布団に寝ている子、90度回転する子、風邪を引かないように何度も何度も布団を掛けなおし、びわのの夜は静かに更けてゆきました。
 翌朝、「おはよう」の声が聞こえ、布団を片付け身支度を済ませた後、みんなでラジオ体操をしました。朝食前の散歩では園の側溝に巨大おたまじゃくしを発見し、大騒ぎする子どもたちは朝から元気一杯です。
 用意したおにぎり・おひたし・しじみの味噌汁の朝食はどの子もしっかりととり、午前9時には「大丈夫でしたか?」と言いながらおうちの方々が次々にお迎えに来られました。
 子どもたちの笑顔を見て、おうちの方も安心なされお泊り保育の楽しい思い出を話す帰り際の親子の姿は何よりうれしい姿でした。

びわの幼稚園

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みのりの秋と野西祭

 このほど、本校恒例の「野西高祭」が「夢~Make Best Smile~」のテーマの下、10月12日(日)に開催された。
 一般公開は日曜日だけであったが、晴天に恵まれ、多数の来校者を迎え盛会の内に終了することができた。
 内容は例年通りで、総合学科展・文化部展・クラス展・模擬店・PTA食堂などを中心に公開となった。
 今年の話題はクラス展の復活である。スペースの関係で昨年まで展示の場所が限られていたが、数年ぶりに展示会場が増え、1学年のクラス展が復活し、彩りを添えた。
 また前年度が夏の開催ということで、模擬店など品目に工夫が必要であったが、今年は本来の秋の開催となり、実りの秋にふさわしい開催となったことも話題にのぼった。
 来校者の感想は「久しぶりに学校を訪ねました。懐かしい!」という卒業生の声や「子どもの学校を訪ねるのが楽しみで、面白く見て回りました。」などの感想を述べていた。
 学校行事の精選が叫ばれる中、いつまでも来校者に歓迎されるような文化祭を目指して、「今後も知恵を絞ります」と生徒会・職員の声が聞かれた。

野辺地西高校

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »