« 春の全国大会に向けて ソフトテニス部 | トップページ | 特別講義 »

団体形優勝 空手道部

 10月31日(金)~11月2日(日)弘前市の青森県武道館で、平成20年度青森県高等学校体育連盟空手道専門部秋季大会が開催された。昨年は同大会で3位という成績だったので、今回は優勝を目標に大会に臨んだ。大会初日の団体形予選を1位通過し、2日目の決勝戦では、青森高校、青森北高校、そして本校の3校で優勝を争った。各校が好成績を残す中、最後に登場した本校は、メンバーである笹森悠太選手、宮澤和也選手、磯辺翔平選手が『演武形燕飛』という形を見事に披露し、他校の点数を上回り、10数年ぶりの優勝を飾った。次の目標は東北選抜大会(山形県天童市)で3位以上に入賞し、全国選抜大会(東京)に出場を目指す。

光星学院高校

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 春の全国大会に向けて ソフトテニス部 | トップページ | 特別講義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/29139329

この記事へのトラックバック一覧です: 団体形優勝 空手道部:

« 春の全国大会に向けて ソフトテニス部 | トップページ | 特別講義 »