« 看護学科開学 | トップページ | 短大宿泊研修 »

光星学院高校校長に就任して

 光星学院高校から、法人本部に異動になったのが10年前でした。今回の異動で、再び古巣の光星学院高校に戻る形になりました。改めて、教育の現場に立つという意味を考えさせられました。
 4月3日金曜日は、職員会議でした。懐かしい顔ぶれを前にして、学校の考え方、校長としての考え方を言わせてもらいました。生徒の育成にあたっては、まず私たち教員が手本ということをお願いしました。明るく活き活きとした学校作りには、教員の実践が一番大事です。さらに、生徒との関わりを大切にすることもお願いしました。一人ひとりの生徒を大切にするという本校の考え方を、何回も言ったつもりです。そして、生徒たちが光星学院高校に入学したことに感謝と誇りを持てたら、我々の任務も100%達成できたと言えると思います。
1、子供に親しまれ 
2、親に敬われ
3、同僚に愛され
4、校長に信ぜられよ
これは、我が恩師小原國芳先生の教師訓ですが、校長の任に就くにあたって使わせていただきました。
 4月6日月曜日は、始業式でした。生徒はみんなちゃんと整列してくれていました。きちんと並んだ生徒を前に、もっともっといい学校にしましょうと言いました。いい学校作りには、先生の参加も不可欠とアピールしました。いい学校になれば、生徒みんなの未来が明るく幸せなものになると思うからです。そして、その準備をサポートし方向づけるのが先生であると考えています。なんと言っても、先生が手本を示すのが一番です。
 すでに、昨年度末から光星学院高校の運営に関わっています。3月24日の離任式、4月3日の歓送迎会、そして、6日の新任式に臨みました。この時、異動になった教職員の皆さんに接することができました。いよいよ光星高校を離れる教職員の皆さんが、在職中に深い思いをもって教育にあたっていたということに触れ、改めて感謝の念を持ちました。また、新任の先生方は、ステージの上で元気に意欲を示していただき、頼もしく感じています。
 改めて、異動になった教職員の皆さんには、ご苦労様と申しあげます。また、私を含めた新任を、これからよろしくお願い申しあげます。
光星学院高等学校
校長 法 官 新 一

光星学院高校

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 看護学科開学 | トップページ | 短大宿泊研修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/29846393

この記事へのトラックバック一覧です: 光星学院高校校長に就任して:

« 看護学科開学 | トップページ | 短大宿泊研修 »