« スポーツ健康科学研究会 健康セミナー | トップページ | 静けさを好む子どもたち »

絵は心のメッセージ

 言葉も語彙も少ない幼児期に「その子の思い」を知りたい。「その子が伝えたい心もち」を聞いてみたいとの思いがあり、当園では絵画と、工作の表現活動を大切にして教育活動に取り組んでいます。
 豊かな体験とは、体験の数以上に「体験の仕方・体験の質」が大切であると考えています。「感動」「驚き」「悲しみ」などの情動を伴う体験は子どもを成長させる力を持っています。ただ「おもしろかった」「楽しかった」ということや、教師から与えられた体験であれば、日常のありきたりな出来事で終わります。子ども達が何かを深く感じる体験をすることは心情に影響することと思います。幼稚園でしばらくの間チャボを飼育しました。そのときの「ちゃぼとあそんだ」絵を紹介します。この絵はその形を写しとろうとしたのではなく自分たちが餌をあげ、水を取り替えながら育てているそのチャボを描きたいという願いから生まれた表現です。色や形を見ているだけでなく、親しみを感じている生き物への「命の大切さ」を表現しているのです。また、子ども達が種を蒔き、水をやり、毎日お世話をしていたらある夏の朝幼稚園に来ていっぱいに咲いていたあさがおの花。その喜びと予期せぬ驚きを表現した絵もあります。体験の喜びをあらわした絵は、じゃが芋や大根の種をまき、外遊びのときには必ず自分たちの畑の土を覗き込んでいるうち「そろそろ土の中を見てみようよ」と掘り起こしてみたら小さな種からこんなに大きくなったという喜びがじゃが芋をしっかりつかんでいる手や長く伸びた腕、大きく描かれた大根の形に表れています。
 大人の世界でも、趣味で何かしたりすると、人前で発表したり、展示したりすることに喜びを感じ自分を感じることが出来ます。子ども達にとっても、自分はここにいるよ。自分の気持ちはこうだよ。自分の好きな人(たとえばお母さんお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん先生等)に伝えたい思いがあるから、それを絵で伝えてくれているのです。
 教師たちは子ども達が心を開放し、思いを表現できる環境を大事にしていきたいと考えています。

第二しののめ幼稚園

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« スポーツ健康科学研究会 健康セミナー | トップページ | 静けさを好む子どもたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/30252317

この記事へのトラックバック一覧です: 絵は心のメッセージ:

« スポーツ健康科学研究会 健康セミナー | トップページ | 静けさを好む子どもたち »