« 起業家養成講座プレセミナー | トップページ | 第2回経営ビジネスセミナー »

特別講義 最近の食品汚染問題について

 1月23日(金)八戸大学人間健康学部「生活環境論(3年次)」の講義で、講師に愛知学院大学・薬学部 佐藤雅彦教授をお招きし、特別講義が行われた。食生活は、生きていく上での必須条件であり、ヒトの健康の維持・増進あるいは疾病予防にも深く関係している。したがって、食品は私たちの身体にとって健康に良いものであり、同時に安全でなくてはならない。テーマは「最近の食品汚染問題について」で、最近、数多く報道されている事故米やメタミドホスやメラミン汚染食品などに加えて栄養素としての必須微量元素に関する内容であった。食品中の必須微量金属は、最近、摂取が偏食により不足しているヒトが増えている現状や有害金属であるカドミウムやメチル水銀は、それぞれ米や魚類などの食品を介してわずかながら生涯にわたって人体に取り込まれることやその安全性について紹介された。本講義は、私たちの健康を係わる身近な食品問題に関する興味ある内容であった。

八戸大学

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 起業家養成講座プレセミナー | トップページ | 第2回経営ビジネスセミナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/30115141

この記事へのトラックバック一覧です: 特別講義 最近の食品汚染問題について:

« 起業家養成講座プレセミナー | トップページ | 第2回経営ビジネスセミナー »