« 光星学院初の女性スクールドライバー | トップページ | ミニ・オペレッタ »

FDワークショップ「学生の講義への参加意欲の向上と指導の方法-講義の受講態度について-」

 2月5日「学生の講義への参加意欲の向上と指導の方法-講義の受講態度について-」というテーマで全教員参加のグループ討論によるFDワークショップを実施した。FDとはファカルティ・ディベロップメントの略であり、個々の教員の主として教育内容や教授法などの改善・向上を目的とした組織的な取組みの総称である。
 大学設置基準第25条の3において「大学は、当該大学の授業内容及び方法の改善を図るための組織的な研修及び研究を実施するものとする」としてFD活動が法的に義務化され各大学は、教育の質の向上に向けてFD活動を活発に行うようになった。
 八戸大学では、学生による授業評価などのFD活動は、教務委員会の活動として従来実践してきたが、20年度から新しい組織としてFD委員会を設けFD活動を重視する体制をスタートさせた。今回のワークショップは、FD委員会の活動の一貫として実施した。
 今回のテーマは講義の場における学生の学習参加態度に関する問題点の認識、原因、指導方法などについて討論した。各グループは5、6名構成で約2時間弱の討論を行った後各グループの発表が行われた。
 このようなグループ討論は今回初めてということもあって、「学生の講義へ参加態度の問題点」という比較的共通的関心が得やすい課題を設定したので各グループともに活発な情報交換を行うことができた。
 今回のワークショップの意義は、1つは、問題を洗い出すことができたことと、もう一つは、1つの課題に対して自由に意見を主張し合うという数少ない機会を持てたことである。今後大学のさまざまな課題に対しても情報の共有、問題点の洗い出し、衆知を集める等の手段としてグループ討論は活用できるという実感を得た。
 今回のワークショップの成果は次年度のFD活用に生かすことができると考えている。

八戸大学

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|

« 光星学院初の女性スクールドライバー | トップページ | ミニ・オペレッタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/93294/30384478

この記事へのトラックバック一覧です: FDワークショップ「学生の講義への参加意欲の向上と指導の方法-講義の受講態度について-」:

« 光星学院初の女性スクールドライバー | トップページ | ミニ・オペレッタ »