2級自動車整備士国家試験

 3月22日(日)自動車科の最終目標、『自動車整備技能登録試験』が光星学院高等学校において行われました。一般の受験者と共に平成20年度専攻科自動車科の修了生33名が、「2級ガソリン自動車」「2級ジーゼル自動車」の2科目の試験に臨みました。
 2年間の学習の成果を出す試験であると同時に、整備士には絶対に必要な資格とあって、全員真剣な表情で試験に取り組んでいました。試験後の控え室では、自己採点をしながら一喜一憂する姿が多く見られました。
 4月7日に合格発表があり、33名中、32名の合格者を出すことができました。

専攻科

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年度 入学式

 平成21年度入学式が4月10日(金)八戸大学会館において挙行された。スーツ姿の凛々しい新入生たち、自動車科23名、介護福祉科9名が法官新一校長より入学を許可された。続いて、新入生を代表して自動車科の西村慎太郎さん(光星高校卒)が「それぞれの分野で人間性を高め、スペシャリストとして社会に貢献できる人材になる努力をする」と宣誓した。式では法官新一校長が「皆さんの知識、技術の向上のために教職員一丸となって協力します」と激励し、中村覺理事長は「自己の目標に向かって、努力を怠ることなく突き進むことを期待します」と祝辞を述べられた。
 新入生はこれから自動車整備士、介護福祉士になるために2年間各専門教科を学び、技術を身につけていく。

専攻科

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 修了証書授与式

 平成20年度の専攻科修了証書授与式が、3月13日(金)10時より美保野キャンパス八戸大学会館において挙行された。自動車科34回生33名、介護福祉科16回生23名が、2年間の様々な思いを胸に式に臨んだ。式では修了生一人一人の名前が呼ばれ、代表者に杉山近副校長より修了証書が手渡された。その後、中村覺理事長より祝辞が述べられ授与式を終了した。
 午後からは八戸プラザホテルで祝賀会が行われ、修了生と父母・教職員が和やかに2年間の思い出話やエピソードなどを語り合っていた。

専攻科

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 自動車科校外実習

 平成20年11月10日から21日までの二週間、自動車科1年生27名が、県南地区16社の自動車整備工場(ディーラー12社、民間4社)に分かれ、学校では経験できない自動車整備士の仕事の楽しさや大変さを体験した。校外実習は、実社会における自動車整備業界の役割と人間的なかかわりを体験するために、毎年1年生を対象に実施しており、実習受け入れの確認から就業時間等の事前の打ち合わせまで、すべて学生自身が行っている。
 今年度は、雪が降ったことでタイヤ交換のお客様が集中し、タイヤの交換作業の忙しさを経験した学生が多かった。また、整備技術だけではなく、プロとして自覚や責任を持って仕事に取り組む大切さを実感してきた学生も多くいた。
 今回の校外実習での経験と反省を、これからの学校生活に活かし、二級整備士合格に一歩でも近づくことを期待している。

専攻科

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救急法救急員養成講習会開催

 12月13、14、20、21日の4日間、介護福祉科2年生23名を対象に、日本赤十字社救急法救急員養成講習会が開催された。学生達は、救急法について正しい知識・技術を身につけ、救急救命を必要とする場に遭遇したとき、自ら進んで行動できるように4日間真剣に取り組んだ。
 講習では、心肺蘇生法、AEDの使用法、止血の仕方、包帯の使い方、骨折の手当等についての講義と実技が行われた。実技では、指導員の方々から、緊急時に慌てず正確に対処するためにはどうすれば良いか、学生個々に合わせ一つ一つ丁寧に、ポイントを押さえた指導をしていただいた。特に三角巾の使用法では、三角巾をうまく扱えずやり方も分からない状態から、三分間で三つの課題をクリアするまでに上達した。これは、指導員からの助言や励ましと全員が協力し合い、練習を重ねた結果であった。最終日に学科と実技の試験が行われ、23名全員合格することができ、赤十字救急法救急員認定証をいただくことができた。

専攻科

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生会だより 安全ラリー大会

 自動車科の安全ラリー大会が9月18日(木)に行われた。この大会は31回の歴史をかぞえ、伝統の大会にもなっている。競技の内容は、スタート直前に渡されるコマ地図を見ながら制限速度で進み、三カ所のチェックポイントを通過する際のタイム差で競われる。今年度は13チームが参加した。地図の見落としからコースから外れて、迷うチームが数台あり、規定のタイムからかなり遅れてゴールする場面が多く見られたが、事故もなく全車が無事にゴールすることができた。昼食後の表彰式で各区間賞と順位が発表され、今年度のラリー大会は終了した。
 学生会では、この大会を伝統行事として来年度以降も続けていきたいと思っている。

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度三団体親睦会開催される

 平成20年度光星学院高校専攻科三団体(PTA後援会・PTA・同窓会)の役員および理事による親睦会が、10月11日(土)午後6時30分より八戸グランドホテルにて開催されました。専攻科の教育事業の後援および発展に寄与する目的として、三団体の皆さんが交流するこの親睦会は、平成14年から始まり今年で7回目を数えました。今回は三団体の方々と学校長はじめ専攻科教職員あわせて21名の参加でした。
 椿鉄男PTA後援会会長の「各学校では少子化の影響を受け、生徒数が減少していますが、これからも専攻科のますますの発展を願って教職員皆様のご協力をお願いします」との挨拶に続き、山西幸子学校長から「このような親睦会が長く続くことはありがたいことです」とお礼の言葉が述べられました。
 松川敏雄同窓会長の乾杯により始まった懇親会は、時間を忘れ各テーブルとも話題が絶えることなく終始和やかに親睦を深め、あっという間に予定の時間になりました。
 梶浦春光PTA会長の締めの挨拶により、今年度の三団体親睦会はお開きとなりましたが、話の尽きない方々はこの後、場所を変えてさらに親睦を深めたようです。
 今後もこの会がますます活性化し、専攻科の支援各団体の活動に理解を深め、会員相互の親睦が図れるようにしていきたいと思います。

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護福祉科研修旅行

 今回の研修旅行では、東京都青梅市の盲老人ホーム聖明園曙荘を見学した。そこでは視覚障害があっても生き生きと自律した生活を送っていることに驚いた。聴覚や触覚を活かした生活を送れるように工夫されていた。例えば手をたたくと音に反応して、音声で時刻を知らせてくれる時計、手すりに大中小のビスが打ってあり、自分の部屋が分かるように工夫されていた。また利用者との関わりの中では、相手を尊重し真心を込めて見守りながら、接していると聞きました。クラブ活動や音楽会を通じて地域との交流も図られていた。
 研修で、本間昭雄理事長の講話を聞いて「5つのS」が心に残った。それは、①誠実に真心を持って接する②常に学習する③専門的知識を学ぶ④笑顔⑤品格の5つです。これは介護福祉士として大切なことなので、日々の生活を振り返り、この5つのSを身に着けられるように目指していきたいと思った。
介護福祉科 2年生 杉澤 多佳子(光星高校出身)

専攻科

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習で学んだこと

 私は6月9日から7月12日まで特別養護老人ホーム福寿草インスプリングで第二段階施設介護実習をした。そこでは、実習を通して利用者主体の介護を学んできた。
 介護とは、自力で生活することが困難な高齢者や障害者に関わり、その人の望む生活、その人らしい人生を実現させることだと思った。
 私の受け持ち利用者は軽度の認知症と胃潰瘍を持っている。入所前の在宅生活では、寝たきり状態で食事をとることができなくなり胃瘻からの経管栄養だけだった。息子さんとの二人暮らしだったが介護が困難になり施設に入所した。その人らしさを理解するための情報収集をした結果と、居室でコミュニケーションを図っているときの微笑みながら「家が一番です」というひと言から、元気になって早く家に帰りたい思いがあると感じた。在宅で生活できるためには食事がとれて、歩行や排泄など身の回りのことができることが必要だと思った。現在できている自力歩行、排泄の継続ができるよう、下肢筋力の維持をするために、好きな花を見ながら散歩したり、レクリエーションに参加したり、歩行訓練を活用した。同様に食事を美味しくとれるように様々な行事に参加し、体を動かす機会を増やすことにした。歩行訓練は特に痛みを訴えることもなく、車椅子よりも自力歩行を望み、歩行に対する意欲が見られてきた。実習期間中は昼食の進みに変化は見られなかったけれど、散歩やレクリエーションの時は笑顔が見られ、楽しんでいる様子だった。利用者さんの自己実現までのADL動作、排泄、食事を維持することを目標に援助をしてきた。
 自己実現できるためには、その人の思いを知ることが重要だと思った。認知症の方の望む生活、その人らしい人生を実現できるよう援助することが介護福祉士の役割だけど、利用者の思いを理解できない場合がある。その様なときに表現できるようコミュニケーション技術を通し、相手との距離、表情、動作、しぐさ、身振り、身体的接触、尊厳やプライドを傷つけない、人的・物理的環境などの環境作りも必要だと思った。
 実習を通して得た利用者さんの主体性の重要性を、今後は認知症の利用者さんの思いを理解するために、表現できる人的・物理的環境作りや、お互いに共感ができ相手の立場に立って物事を考え、利用者さんが自立生活できる必要な援助をしていきたいと思う。
介護福祉科 2年 鷹架 舞 
(光星高校出身)

専攻科

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学生会だより 球技大会

 7月18日(金)9時、競技開始のホイッスルで平成20年度専攻科球技大会が始まった。今年度は、自動車科がバレーボールとバスケットボールの2競技、介護福祉科はバレーボールとバドミントン、バスケットボールの3競技に熱戦をくりひろげた。中には3競技掛け持ちで出場する学生もいたり、普段では見られない表情で体育館を走り回る学生もいて、各競技とも盛り上がっていた。特にバスケットボールの決勝戦は介護福祉科の2年生チーム(女子2名出場)が、男子ばかりの自動車科2年生チームを大差で破る劇的な試合であった。暑い中での球技大会であったが体調を崩したり怪我をする学生もなく無事に終了することができた。学生会では、これからもラリー大会やボウリング大会などの行事を企画している。

専攻科

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)