ほっとたいむ

 光星学院高校を卒業し拓殖大学商学部に進学した舘石盛行君(種市中学校卒)が1年生ながら箱根路に登場した。
 舘石君は、在学中は明朗活発な性格でキャプテンとしてチームを盛り立てる傍ら全国都道府県対抗駅伝競走大会(広島市)に青森県代表として出場するなど心身共に素質充分な人物であった。もちろん高校入学時からの夢は箱根に出場することであった。4年あれば一度は出場をと大学に送り出したが1年生から走ることができたのには驚いた。拓殖大学の2日目往路の7区(小田原ー平塚)の21.3㎞。箱根からの朝日を背にサングラスにオレンジのユニホーム、白のパンツ。胸にTの文字。出場者の中で一番小さい身長ながら鋭いピッチ走法で10秒後方の強豪順天堂大学・東海大学と競り合いを演じていた。
 ゴール後満足行く走りが出来ずに悔し泣きをするシーンがテレビに放映されたが、各大学のOB・関係者の独特のプレッシャーと沿道での大歓声の中でしっかりと自分のペース配分を固持して完走出来たことに拍手を送りたいと思う。
 来年も箱根駅伝において卒業生の活躍と「青森 光星学院高校」というテレビのテロップを期待したい。

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっとたいむ

 インターネットで検索しているとき、“頑張れ八戸大学”という文字が目に飛び込んできた。興味津々でクリック。スポーツ好きで関東在住のサラリーマンの方が、自分の日常などを書き込んでいる個人運営のブログだった。そこには今年の6月に行われた全日本大学野球選手権についての期待や感想などが書かれてあった。個人的に八戸大学を応援しているという。八戸大学を応援しているのは、10年以上前に弟が八戸大学に在籍していて、野球部に所属していたからで、住んでいる関東から八戸まで弟の試合を見に来たこともあるようだ。八戸は遠かった~。と当時の感想も綴ってあった。八戸大学が全国大会に出場する度、毎回、自分の中で一番に応援しているという。弟が八戸大学を卒業してからも10年以上八戸大学を応援してくれる人がいることに感銘。このような人たちが全国にまだいるかもしれない。
(フル)

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)