光星学院初の女性スクールドライバー

 今年度、光星学院に初の女性スクールバス運転手が誕生した。
 西舘歩さん、昭和59年9月8日東京生まれ。
 もともと車の運転が好きで、子供の頃から大型車の運転手に憧れ、その頃より車の運転に関わる仕事に就きたいと願っていた西舘さんは、大型免許を取得後、荷物の搬送の仕事を経て、4月から光星学院グループ企業の㈱学園サービスに勤務。業務班に配属され、生徒、園児の送迎のためのスクールバス運転手を努めている。送迎業務を担当しての実感は、思っていた以上に大学、短大、幼稚園などがあって大きかったと笑顔で話す西舘さん、スクールバスを運転するにあたり、生徒を安全に送迎するために一層気持ちを引き締めていると話していた。西舘さんはスクールバス路線の階上線と附属幼稚園の送迎を担当のほか、附属幼稚園の給食の配膳などの仕事もこなしている。

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 事務職員研修会

 平成20年度学校法人光星学院事務職員研修会(学園サービス職員含む)が平成20年8月12日(火)参加者87名で行われた。研修の内容は次のとおりです。青森放送株式会社取締役・支社長「斎藤幸彦氏」による講演、その後一般職員は「学校法人諸規程」「関係法令集・経常費補助金・文章作成」「財政と予算」「年金特別便・届出」が行われ、業務班においては「交通安全指導・適性検査」の研修が行われた。
 斎藤幸彦支社長による講演では、放送業界にまつわるエピソードや支社長としての部下の指導や採用時におけるポイント、趣味のスポーツにまつわるエピソード、斎藤氏独特の価値観でいろいろなニュースに関する批評など多岐多種にわたる講演内容でした。
 一般職員の研修は、総務・財務・人事担当部署から業務に関する基礎知識等の講話があった。
 業務班の研修は、交通安全に関するビデオ視聴、適性検査等が行なわれ安全運転の再確認をした。
 研修終了後、同会場にて講師を務めて頂いた斎藤支社長をお招きし、法人職員と共に終始賑やかな懇親会が行われた。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸短期大学名誉学長石丸浩文先生、瑞宝小綬章受章

 2008年秋の叙勲で、八戸短期大学名誉学長である石丸浩文先生が、瑞宝小綬章を受章した。
 石丸先生は、長年教育界に身を置き、八戸短期大学及び幼稚園の開設や幼稚園教諭・保育士の育成並びに学生の教授指導に携わり、幼児保育分野における研究者としての功績を残すなど、幼稚園から大学までの研究・教育や私立学校振興に関しても多大な貢献を行い、その顕著な功績功労が認められ、この度の受章となった。
 石丸先生は、昭和31年に学校法人光星学院に奉職し、光星学院高等学校教諭を経て、昭和46年4月に開学した青森県南・岩手県北初の高等教育機関である「八戸短期大学」の開設準備委員長として、短大開設に関する一切の事務作業を取り仕切り、開学後は事務局長として教育基盤の礎を築いた。昭和48年から平成14年までは八戸短期大学幼児教育学科の教員として、幼稚園教諭・保育士の育成に携わり、同短期大学の幼児教育学科長・副学長代理・副学長・学長を歴任、平成14年には八戸短期大学名誉学長の称号を授与された。
 在任時は、本学院付属幼稚園の開設、教育環境の改善と学科増(昭和62年経営情報学科開設)に貢献、「八戸大学・八戸短期大学図書館」を開設、本学院の教育環境の充実と発展並びに業務運営の推進に貢献、本学院「立体的総合学園構想」の構築に尽力した。
 その他にも、八戸地域の各種委員や講師として地域のレベルアップに努めたほか、全国保育士養成協議会東北ブロック理事として組織の強化、全国大会で発表を行うなど同協議会発展にも多大な貢献をした。
 これらの功績が認められ、昭和54年には青森県知事より私学振興表彰、平成2年には文部大臣より教育功労賞、平成3年には青森県私立幼稚園連合会会長より教育功労表彰、平成12年には全国保育士養成協議会長より教育功労表彰を受け今日に至っている。

石丸浩文先生の経歴紹介
S31 光星学院高校教諭
S42 学校法人光星学院理事
S46 八戸短期大学事務局長
S48 光星学院八戸短期大学講師
S51 光星学院八戸短期大学助教授
S53 光星学院八戸短期大学副学長代理
S54 光星学院八戸短期大学附属第二しののめ幼稚園園長
S56 光星学院八戸短期大学教授
S59 光星学院八戸短期大学副学長
S62 光星学院八戸短期大学幼児教育学科長
H7 光星学院八戸短期大学学長
H14 光星学院八戸短期大学名誉学長

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸大学・八戸短期大学説明会

 6月20日の八戸会場を皮切りに、7月4日弘前、7月11日盛岡の計3会場にて実施した。県内外から延べ33校39名の出席があり、1時間半という短い時間であったが、大学・短大2学部2学科及び現在申請中の看護学科について説明が行なわれた。
 説明会では、特に各種資格取得支援を特長とするカリキュラムが準備されている事を説明し、少人数教育へ力を注いでいる取り組みにも理解いただいた。また、本学の教員は、大学の教員、いわゆる研究者という範疇を超え、学生祭やゼミ活動等を通して学生との絆を深め、よき相談相手よき理解者になっていることも特長の一つであるというコミュニケーションを重要視した教育を展開していることを説明。そして現在設置認可申請中の看護学科については、総合実習館が今年3月最新の医療設備を整え完成したこと報告し、3年後の国家試験対策を見据えた学び方、認可後の具体的日程等について方向性を示した。
 閉会後は、各校の先生方と直接意見交換等ができるよう相談コーナーを設けたことにより本学への要望などを伺うことができ、今後新設予定の八戸短期大学看護学科のスタートに向け弾みをつけられた。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野辺地西高校多目的室内スポーツ施設建設

 野辺地西高等学校創立35周年記念事業として多目的屋内スポーツ施設(仮称)の新築工事が始まった。
 建設工事に先立ち、8月19日(火)午前11時30分より、野辺地キャンパスにおいて、氏家和仁神父(塩町カトリック教会)様をお招きして、関係者参加のもと起工式を
行った。
 多目的室内スポーツ施設は、建築面積559.11㎡で、1階 鉄骨造(ラーメン構造)構造となり、野辺地工学専門学校駐車場に建設される。完成は10月中旬の予定である。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元Jリーグチーム(横浜マリノス、ベガルタ仙台)監督 清水 秀彦 氏 光星学院サッカーチームディレクター就任

 平成20年3月25日(月)10時より光星高校オープンスペースにおいて、中村覺理事長、蛇口浩敬学長、飼牛正親理事が同席の元、清水秀彦氏の光星学院グループサッカー部のチームディレクター就任記者会見が行われた。
 清水秀彦氏は、日産自動車時代、選手・コーチで天皇杯6度の優勝経験や日本代表選手、Jリーグチーム(横浜マリノス、ベガルタ仙台等)の監督をした実績がある。
 記者会見には地元新聞社、スポーツ紙、テレビ局数社が訪れ、清水秀彦氏への就任の経緯、今後の指導方針などの質問があった。
 就任の経緯について、清水秀彦氏は本学院の中村覺理事長と飼牛正親理事と長年の親交があり、また日産自動車時代に光星学院高校サッカー部を指導した経緯があることがきっかけで、光星学院グループサッカー部のチームディレクター就任となった。
 清水氏は、サッカー部の指導することにあたり、体系的にトレーニングの目的や試合の仕方を指導し、トータル的に選手の育成に力を注ぎたい。やるからには成果を挙げていく方針であると述べた。
 また、この八戸の地域でサッカーを盛んにし、良い人材を育て上げることにやりがいを感じていると述べ、八戸でのサッカー推進にも意欲を見せた。
 今後、清水氏は、八戸大学、光星学院高校、野辺地西高校のサッカー部を指導する傍ら、八戸大学の講義や附属幼稚園及び八戸地区のサッカーの指導を行う。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合同竣工祝別式 八戸大学 光星学院高校

  4月2日、光星学院高校新体育館において、八戸大学・八戸短期大学総合実習館、光星学院高等学校新校舎の合同竣工祝別式が首藤神父様による共同司式のもと、厳かに執り行われました。神父様の招きの言葉とお祈りで始まり、聖書朗読、水の祝福、建物の祝福、共同祈願、主の祈りが行われ、長い期間工事に尽力していただいた清水建設の方々に感謝するとともに、学びの場、生活の場として学生・教職員の学院生活に一層の充実がもたらされるようにまた、学院に集う人々全てに平和と愛を与えてくださるよう祈りが捧げられた。
  祝別式の後、学院の各施設を代表し、八戸短期大学附属幼稚園児による、愛らしいお遊戯、本校の吹奏楽部による息の合った美しい演奏、チアリーダーによる、若さあふれる、華麗な演技、そして八戸短期大学幼児保育学科の学生による、ヘンデルのメサイヤからハレルヤの大合唱が行われ、美しく、力強い歌声が新体育館いっぱいに響き渡り、工事の完成を祝った。
 また、これに先立ち美保野キャンパスでは八戸大学・八戸短期大学総合実習館の竣工祝別式が行なわれた。

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵画等が寄贈されました

 4月23日、みちのく銀行執行役員八戸支店長 加藤政弘氏と白銀支店長清藤正孝氏の両氏が美保野キャンパスに訪れ、本学院に対し絵画を寄贈していただいた。
寄贈された絵画は、藤城清治作「つり橋はぼくのハープ」という題名で、近代的で見ていて心が和むような絵画である。法官新一常務理事は、学生生徒並びに教職員にも親しみ喜ばれると感謝の言葉を述べた。
 また、青森銀行からは、八戸大学・八戸短期大学総合実習館完成記念に『油絵「ギリシャ・ロドス港」(宇藤義一作)』と『書「鳥は飛ばねば…」(坂本真民作)』が寄贈される予定である。
 本学院の学生生徒並びに教職員より、両行からの絵画等の寄贈に心より感謝申し上げ、お礼に代えさせて戴きます。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スクールバス2台納車

 9月12日(水)11時より、八戸大学正面玄関前において、新しく納車されたスクールバスの祝福式が行われた。
 式には関係職員が出席し、首藤正義司祭のもと運行の安全を祈った。
 納車されたスクールバスは2台。1台は、31号車として、野辺地西高校へ配備され、大畑方面から通学する高校生の送迎などに使用される。もう1台は、33号車として光星学院高校に配備され、岩手県の軽米方面から通学してくる生徒たちの送迎に使用されるほか、聖アンナ幼稚園の園児たちの送迎にも利用される。

学院キャンパスだより第7号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)