八戸観光大学開講

 総合研究所と青森県の共催による「あおもりツーリズム人づくり大学 はやて2008『08八戸観光大学』」が11月26日から2月18日まで行われている。今年度も古牧温泉青森屋の佐藤大介総支配人をメイン講師に迎え、八戸市内の企業の経営者や経営幹部37名が受講。マーケットの変化に合わせた商品作りについて、古牧温泉の事例やインターネット通販での成功事例等を学んでいる。
 12月4日の講座では、新幹線の車内販売で通常の3~7倍の売り上げを達成しているNRE(日本レストランエンタプライズ)のチーフインストラクター茂木久美子さんが講演、茂木さんは「天候や列車の時間帯によって商品の仕入れやワゴンに乗せる商品を換えている。またお客様の様子や雰囲気の逃すことなく商品を提供、例えばコーヒーを販売する場合「いれたての~」と一言添えるだけで購入するお客様が増えるので心配りや気配りを忘れることなく、常にお客様の視点に立って販売している」と説明した。

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい地域づくりを考えるシンポジウム開催

 総合研究所主催による「新しい地域づくりを考えるシンポジウム」が11月22日、八戸市内のホテルで開催された。基調講演では「新たな広域連携に向けて-三圏域(八戸・久慈・二戸)連携、八戸と三陸振興」と題し、元岩手県地域振興部長で三陸鉄道㈱の山口和彦社長が講演。三陸活性化における三陸鉄道の役割や八戸と久慈地域の連携について講演した。
 シンポジウムは、行政や民間での三圏域交流が活発化し、三圏域連携をテーマに岩手県知事と八戸市長が対談したことを受け、研究所が企画したもので、行政や地域団体関係者など約80名が参加した。
 講演終了後、青森・岩手両県で地域づくりに携わっている4人によるトークセッションが行われ、「全国に地域を売り込むには自治体個々の取り組みから北東北、あるいは東北全体といった広域の枠組みでPRすべきだ」といった意見が出された。

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北城恪太郎氏(日本IBM最高顧問・元経済同好会代表幹事)をお招きして

 総合研究所では、平成21年度から「起業家養成講座(仮称)」を開催する。そのプレイベントとして11月4日、北城恪太郎氏(日本IBM最高顧問・元経済同友会代表幹事)を招いてのセミナーを開催した。
 また、セミナー終了後は、「八戸大・八戸工大・八戸高専 学術交流に関する協定1周年を記念し、「3学(校)長フォーラム」も開催、参加者は起業の必要性と地方高等教育機関の役割についての認識を新たにした。

○起業家養成講座(仮称)プレセミナー
 プレセミナーでは、北城恪太郎氏と、この度八戸大学客員教授に就任した大谷真樹先生(八戸市出身、ヤフーバリューインサイト㈱取締役・創業者)、丹羽浩正八戸大学ビジネス学部教授による鼎談が行われ、「10年間で100人の起業家を青森から輩出する」目標や他にはない講座の特徴について説明、「青森県には3つの良い材がある。木材・人材・食材で、ないのはやる木(気)だけだ」と説き、目に見えない隠れた資産への気づき、未来洞察力、マーケティング戦略の想像力と行動力に欠けており、発想の転換次第で何ら負い目を感じることはないと語った。

○学術交流に関する協定1周年記念「3学(校)長フォーラム」
 フォーラムでは、「起業による地域活性化と高等教育機関の役割について、北城恪太郎氏が基調講演、その後、「高等教育機関における人材養成と社会貢献」について、庄谷征美八戸工大学長、鈴木宏一八戸大学長、井口泰孝八戸高専校長がパネルディスカッションを行った。北城氏がアドバイザーとして参加したほか、日銀の鶴海誠一青森支店長がコーディネート役を務め、「教育・産業振興・地域活性化」の3点について活発な情報交換を行った。

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜講座始まる

 総合研究所の社会人のリカレント事業である「08そうけん土曜講座」が5月から開催されている。今年度は2つの教養講座と3つの資格取得講座を開催。既に終了した春の講座(ロシア文化講座・福祉住環境コーディネーター講座)に続き、秋の講座(公開講座・食生活アドバイザー講座)・冬の講座(日商簿記講座)が開催される。
 土曜講座は生涯学習の一環として、年齢や学歴に関係なく学習したい方へ学習機会を提供するもので、70代後半の方から現役の高校生まで、毎週土曜日には、幅広い年齢層の方が研究所で学んでいる。
 なお、全ての講座があおもり県民カレッジの単位認定講座となっている。
 特に公開講座では、普段学生に講義をしている大学短大の先生方が、人生経験豊富な受講生の質問攻めにあうことも多く、いつもの講義とは違う刺激を受けている様子がうかがえる。
 資格取得講座を中心に既に来年度の問いあわせもあり、今年度の状況をふまえながら、地域住民のニーズに応えられるリカレント講座の開設に向け、検討を始めている。

八戸大学総合研究所

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IT教育研修会・経営ビジネスセミナー 開催される

 (財)八戸地域高度技術振興センターと総合研究所の共催事業である「IT教育研修会2008~KADARU」・「経営ビジネスセミナー」がこのほど開催された。

○IT教育研修会
 8月7日、市内オフィスにおいて、
「IT教育研修会2008~KADARU~」が開催された。IT教育研修会は、八戸地域のITコミュニティ作りを目指し、平成13年度より始まったもので今回6回目。
 今回は、テーマを“地域コミュニティ”とし、「はちのへ地域SNS『はちみーつ』の概要」(八戸市総務部情報システム課:澤田美智明 氏)、「情報モラル教育とICT活用の現状と課題」(八戸市総合教育センター:工藤正道 氏)、「携帯電話を安心して利用するために」(NPO法人知的財産研究推進機構:及川博道 氏)の3講演を実施。小中学校・高校の先生方や地元企業の方など約30名が聴講した。講演では八戸地域で起きた出会い系サイト被害・携帯裏サイトの紹介なども行われ、多くの質問があり理解と交流を深めることができた。

○経営ビジネスセミナー
 9月12、19日の2日間、市内オフィスにおいて「経営ビジネスセミナー」が開催された。このセミナーは経営の革新・業務改善や新規事業の展開に取り組もうとする経営者・管理職を対象としたもの。今回の講座は「社員の健康管理」(講師:三井隆弘人間健康学部専任講師)、「人材評価」(講師:丹羽浩正ビジネス学部教授)をテーマに開催。実習を交えながらの講座を熱心に受講していた。

八戸大学総合研究所

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総合研究所「そうけん土曜講座」が始まる

 総合研究所の主催事業である「08そうけん土曜講座」(社会人リカレント講座)が、5月10日よりスタートする。土曜講座は、従前の簿記講座や公開講座を充実させ、3つの資格取得講座、2つの教養講座を開催。毎週土曜日に実施するのが特徴で多くの方の受講を呼び掛けている。資格取得講座の受講料については、本学学生や高校生の他、八戸大・八戸短大卒業生に対する受講料割引制度もある。

・国際理解講座「八大生とロシア語で遊ぼう」5月10日より開催
・福祉住環境コーディネーター3級講座 5月31日より開催
・公開講座「八大・八短大を通して現代を見つめる」
 9月6日より開催
・食生活アドバイザー3級講座 
 9月13日より開催
・日商簿記2級講座 11月29日より開催

 講座の詳細については、総合研究所ホームページをご覧ください。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)