大学・短大外郭3団体合同懇談会

 大学・短大外郭3団体合同による懇談会が、1月31日八戸プラザホテルで開催された。懇談会は、外郭3団体(後援会・同窓会・父母の会)役員に対し、大学・短大の状況を報告することと、3団体役員の懇親を深めることを目的に毎年実施されている。懇談会では、3団体を代表して山田政信八戸大学後援会会長が挨拶、続いて蛇口浩敬大学・短大運営会議議長、鈴木宏一八戸大学学長から大学・短大の近況報告を行った。
 佐々木正雄短大後援会長の発声で乾杯が行われ、出席した約70名の役員は終始和やかに懇談した。

八戸大学

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 父母の会を開催

 平成20年10月26日(日)に八戸プラザホテルにおいて、平成20年度父母の会(八戸短期大学父母の会主催)が開催され、46名の父母が参加した。
 学長挨拶、石川清人新会長からの挨拶を皮切りに会が進行された。報告事項では、各学科長から取組や活動状況等が報告された。報告の中では、八戸短大生が「八戸小唄流し踊り」に幼児保育学科1年生とライフデザイン学科1年生約130人が参加し、祭りに新たな彩りを添えたことを報告された。各委員会(教務委員会、学生委員会、就職支援委員会)も取組や状況等の報告が行われ、特に学生委員会から「アルバイト実態調査」に関する説明と父母に対してのお願い、就職支援委員会から「就職活動」に関する就職支援計画(就職ガイダンス)の取組みについてや夏期資格講座の結果報告など、参加者は熱心に耳を傾けていた。
 個人面談では、ゼミ担当者の教員が前期までの成績や学生生活の状況、ゼミ活動の様子などを父母に説明。普段知ることができない短期大学での様子を知った父母は、満足した様子であり、有意義な時間となったようである。
 父母の会事務局では、年1回の主催となるため、もっと多くの父母が参加していただけるよう内容を充実していきたいとしている。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父母の会地区懇談会開催される

 平成20年度の八戸大学父母の会地区懇談会は、11月1日八戸大学会館、11月3日マリオス(盛岡駅西口)の2カ所で開催され、両会場あわせて約50名の父母が参加した。
 両会場とも、学長挨拶の後、学部などの状況説明や個人面談が行われた。
 今年度から新たに、父母向けの「就職セミナー」を実施。就職情報会社である株式会社ディスコの菅野健朗東北支社長が「保護者に伝えたい就職情報-子どもの進路とどう向きあうか-」と題して講演した。
 個人面談では、ゼミ担当教員が春学期末までの成績や部活動の状況、ゼミでの様子を父母に説明、普段知ることができない大学での様子を知った父母は満足した様子だった。
 父母の会事務局では、1年に1度教員と父母が直に接することができる機会なので、もっと多くの方に参加していただけるよう、さらに内容を充実させたいとしている。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回母親委員会趣味の会「ガーデニング講座」開催について

 光星学院高校のPTA組織は、大変活発で保護者の方々が多岐にわたり意欲的に活動をしている。
 健全育成委員会主導での登校時一声運動や広報委員会が編集するPTA誌「東雲」の発行。
 学年委員会によるPTA研修旅行の実施や光星祭での各種活動など学校生活を大いに盛り上げてくれている。
 その中でも今年度は、新たに母親委員会主催での「趣味の会」が発足した。
 新校舎の完成にともない教育環境も充分に整い、多くの人に本校に来て貰いたいという趣旨から発足した。
 記念すべき第一回目は、6月25日に本校理科室に於いて外部より先生をお招きしての初夏の花の鉢植え「ガーデニング講座」となった。
 肥料の説明、花の特徴、鉢選びのポイントから始まり、実際に花を選び説明通りバランス良く鉢に植えていく作業をし、色とりどりの花が鉢に植えられ、最後に先生がワンポイントで仕上げをし2時間弱でそれぞれの鉢は色鮮やかに完成となった。
 その後、本校の学食で講師の先生を囲んで楽しく昼食会を行った。
 その席で指導していただいた先生より「今日の皆さんの鉢植えは、どれもほほ同じ状態です。でも、一ヶ月後、二ヶ月後には、その家庭での育て方で全く違う作品になります。なんか子育てと似てますね。」という言葉を頂いた。
 とても有意義な時間を過ごせた。

光星学院高校

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)