オープンキャンパス

 毎年恒例のオープンキャンパス第1回目が7月19日に行われた。2008年のテーマは『八大・八短式5W1H』とし、8月、9月、10月と合わせて計4回の特別講義を実施する。一般的な5W1Hを高校生に理解しやすいコンテンツにアレンジし、各回毎の看板講座となるよう組み立てている。今回は三浦文恵准教授(短大・ライフデザイン学科)による「言葉とコミュニケーション」を演題に実施。言葉に出さなければ相手に伝わらない事や、逆に会話しなくてもコミュニケーションができてしまう事があるなど来場者の興味を惹き付ける内容であった。
 午後は「体験e-キャンパス」「健康とスポーツの科学」等の体験授業や、施設見学を行い、高校生達にとっては普段触れることのない大学・短大を知る貴重な機会となったのではないかと感じている。
 また、昼食で用意した学生の開発による「サバだしラーメン」もとても好評であった。
 大学・短大とは自分自身を磨くことができる成長の場。オープンキャンパスで1人でも多くの高校生に、大学・短大の良さを伝えられるよう誠心誠意努めていきたいと思っている。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)