短大宿泊研修

 4月17日~18日(1泊2日)に、十和田市の奥入瀬渓流ホテルにて、新入生宿泊研修が行われた。この合宿は今年で3年目となり、新入生相互ならびに教職員・リーダー学生(20名)との親睦を図るとともに、学生生活及び学修の方向付けを身につけることを目的としている。
 1日目は学科ごとの活動(幼児保育学科は各教科の学習ポイント、ライフデザイン学科は資格取得に関する説明、看護学科はグループに分かれて自己紹介)やエンカウンター、街中活性化ワークショップ、学生会歓迎セレモニーが行われた。エンカウンターでは、外崎学長補佐の指導のもと、ジャンケン列車やアイスブレーキング、人間知恵の輪など7種類を実施。他者と協力し合い自分を表現することで、より深いコミュニケーションを築けたようである。街中活性化ワークショップでは、八戸市役所中心市街地活性化推進室の方々を招き、八戸市の新たな交流の拠点として三日町に誕生する「(仮称)八戸市中心市街地地域観光交流施設」についての役割や機能、各フロアの詳細説明の後、①「私ならこう使うhpm(八戸ポータルミュージアム)」②「hpm(街)に「これ」があったら足を運びたい」という2つのテーマで、グループごとに討議を行った。「子を持つ親同士の交流の場として使いたい」「ケーキバイキングの店や洋服屋をつくってほしい」「八戸の旬の情報を知ることができる施設があれば便利」など、数多くの意見が出された。これらの若者の意見が反映され、市街地の活性化に繋がればと思う。
 2日目は学歌指導と流し踊り実技指導が行われた。特に流し踊りは、八戸市七夕祭りの初日に行われ、昨年度から本学も参加している。今年は3学科体制になったこともあり、より鮮やかな踊りを市民の方々に披露することになる。
 2日間のプログラムを無事に終えた新入生は、今まで以上に大きな希望を抱き、新たな仲間と共に充実した短大生活を送っていくであろう。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護学科開学

 八戸短期大学看護学科の学生は、4月6日に入学式翌日の7日、8日の2日間、学生たちは新しい講義棟実習館において、学生生活や授業時間割、科目履修、奨学金の説明、健康診断、交通安全講習会などのオリエンテーションを受講した。その後、看護実践能力を養う看護実習のため、上衣(半袖)、パンツ、カーディガン(長袖)、シューズ、エプロン等のユニフォームの採寸などを行い、講義の受講や実習の準備を整えた。翌日の4月9日より授業が開始され、看護師に向けての大学生活がスタートした。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが身近に感じるようになった 八戸短期大学 馬場祥次ゼミ

 八戸短期大学ライフデザイン学科の馬場祥次ゼミでは、来年度(2009年度)の附属幼稚園のホームページリニューアル制作の活動をしている。
 馬場ゼミの構成人数は10名で、パソコンのスキルアップ及び地域とのコミュニケーションを目的としており、その最たる活動内容が、附属幼稚園のホームページ作りで、現在はそれぞれ4つのグループに分かれて、ホームページのコンテンツ作りに励んでいる。
 ホームページ制作は、2008年の6月からホームページのプロトタイプの制作から取り掛かり、幼稚園での取材や写真の収集をしながら、パソコンの操作やデザインなど、試行錯誤を繰り返して制作してきた。ゼミ生たちは、ホームページ制作は少し難しいが、パソコンの画面上に自分が作ったアイテムや文章が出てくるのが楽しい。と話す。現在は、季節によって雪を降らせたりトップページの充実を図ってきている。
 ゼミ生は、カリキュラム上、なかなか活動時間が取れないのが現状であるが、ゼミ仲間がみんな明るく個性的で、とても自由で楽しいゼミと話す。
 また、この馬場ゼミを通して、パソコンに触れる機会が増えたので、前よりパソコンを身近に感じるようになったし、パソコンの知識や操作の仕方も上達し、ホームページがどのようにして作られているかなどの構成、ホームページの製作過程で著作権などの法律的な知識も身についた。
 パソコンのスキルアップに繋がるしゼミの活動で得た知識をこれからの生活や社会で役立てたいと今後の抱負も語っていた。
 このホームページ制作は、来年度のゼミ生に引き継がれる。

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光星学院「星の子音楽会」に幼児保育学科の学生が出演

 平成20年11月12日(水)に八戸市公会堂において、第28回光星学院『星の子音楽会』が盛大に開催され、八戸短期大学の幼児保育学科約200名の学生が参加した。昨年度は、リトミック表現「不思議の森」や合唱(ハレルヤ)などを行ったが、今年度はウィンドアンサンブルによる演奏と幼児保育学科全学生による合唱を披露した。学生たちは、この日のために附田勢津子教授を始めとする音楽科の先生方から、音楽指導の時間で指導を受け、発声練習やパート毎の練習を積み重ねてきた。
 音楽会を始めるにあたり、ウィンドアンサンブルの演奏に合わせて園児たちが入場し、音楽会が始まった。この日の会場は、多くの保護者が来場しており、園児たちの歌声に耳を傾けていた。音楽会の最後に幼児保育学科全員による「ハレルヤ」が披露され、スーツ姿に身を包んだ学生たちは、緊張しながらも精一杯の「ハレルヤ」を歌っていた。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行業法・旅行実務Ⅰ  三八五バスで学外授業を開催

 平成20年12月11日(木)にライフデザイン学科1年の講義「旅行業法」「旅行実務Ⅰ」を使い、三八五バスの施設見学が行われた。この講義では、三八五観光株式会社の小林一光氏が非常勤講師として担当している科目であり、社団法人全国旅行業協会「国内旅行業務取扱管理者試験」の合格を目指し、標準旅行約款を中心に学習をしている。
 三八五バス株式会社ガイド指導課長丹波さな氏から会社説明と模擬授業を受けさせていただいた。丹波氏は、新人バスガイドの指導を行っており、有能なバスガイドを育てている。この日はその研修の一部を行っていただいた。バスガイドの心得(一期一会)、接客の基本(マナー)、身だしなみや言葉遣いなど。特に気を付けていることは、接客の基本。挨拶は音符の「ソ」の音ですることが基本。相手にも気持ちが伝わるという。この他にも情報伝達や感情伝達、バスガイドとして、してはいけないことなど。バスガイドだけではなく、身近な生活の中でも活用できることを学生たちは学んだ。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年度 保育者養成懇談会を開催

 平成20年11月27日(木)、八戸プラザホテルにて、平成20年度八戸短期大学保育者養成懇談会(幼児保育学科主催)が開催された。この保育者養成懇談会は、幼児保育学科が日頃からお世話になっている三八・上十三・むつ地区および岩手県北の実習施設関係者を対象に、本学が持つ知的財産の提供や教員の研究報告等を行い、養成校と実習施設の協同を図っている。
 今年度の保育者養成懇談会では、シンポジウムを取り入れ「転換期における保育者養成の有りよう~保育所保育指針、幼稚園教育要領等の政策変更を受けて~」をテーマに行った。内海隆学長補佐の開会挨拶の後、幼児保育学科三島隆章講師による「八戸市の子どもの運動能力」の研究報告と同学科上村裕樹准教授よりシンポジウムに向けての話題提供が行われた。シンポジストにイメルダ幼稚園藤村重實園長、知的障害者更生施設妙光園分枝勝則園長、長坂保育園川口司園長、同学科坂本玲子教授を招き、コーディネーターを同学科上村裕樹准教授が務めた。保育所保育指針や幼稚園教育要領、障害者自立支援法などの法制度改変や各実習施設の現況、そして、養成校の役割等、参加者はシンポジストの貴重な意見に耳を傾けていた。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボランタリディ2

 ライフデザイン学科の1・2年生約50人が10月1日(水)の午後に「まちなかモデル講習会」を行った。本学とNPO法人はちのへ地域再生シニア協議会モデルクラブ「アン・オリーブ」と共催し、十三日町にあるジドバ夢ホールで開催された。
 ライフデザイン学科では毎年ボランティア活動を行っており、この日の午後は特別授業として、舞台表現レッスンやモデルのような綺麗な立ち居振る舞いの基礎を学んだ。
 舞台表現では、東京で舞台家として活躍されている「仙台エス・オー・エス」モデル兼講師の戸石充氏から講演をしてもらい「話す時は相手の主張を良く聞き、自分の言葉(声)がどう届くか意識しながら行うことが大事」などのアドバイスを受けた。
 舞台表現に続きモデルレッスンが行われ、学生たちはアン・オリーブの松山美智恵氏の手解きを受けながら、綺麗に見せるための立ち方やウォーキングに挑戦した。慣れない立ち方や歩き方に学生たちは戸惑いながらも楽しんでいたようである。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三沢空港施設見学

 10月9日(木)、ライフデザイン学科1年の講義「旅行業法」「旅行実務Ⅰ」で、三沢空港の施設見学が行われた。この講義では、三八五観光株式会社の小林一光氏が非常勤講師として担当している科目であり、社団法人全国旅行業協会「国内旅行業務取扱管理者試験」の合格を目指し、標準旅行約款を中心に、各種約款について学習をしている。
 三沢空港に着いた学生たちが最初に見学したのは出発ロビーと屋上の送迎デッキ。三沢空港内の滑走路や奥に隣接している米軍基地の諸説明を受けた。続いて事務室内を見学。日頃見ることの出来ない事務室に入った学生たち。受付ロビーとは異なる裏方の仕事に耳を傾けていた。外国人とのやり取りを行うために受付ロビー担当者は、TOEIC700点以上が必須になっていることを知った学生たちは驚いていた。続いて見学をしたのが到着ロビー。最後に見学したのが貨物倉庫。飛行機によっては重さが決められているため、荷物を一括して量る機械に学生たちが全員乗り、その重さを体験した。
 旅行関係の科目では「旅行業法」「旅行実務Ⅰ」の他に「旅行実務Ⅱ」「観光地理」の4科目があり、座学だけではなく、こうした施設見学等を含めて講義を進めている。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光華祭

  11月1日(土)と11月2日(日)の2日間にわたり、第38回八戸短期大学「光華祭」が盛大に開催された。昨年度は、来場者数が2000人を越え過去最高数となり、沢山のお客様を迎えることができた。今年度は、昨年の勢いを止めず「光華祭」をより盛り上げていきたい、という思いを込め「Don't stop 八短」というテーマを掲げ、学生祭実行委員会を中心に約2ヶ月間にわたり準備をしてきた。
  「光華祭」の内容は、各学科の特徴を出した学科企画、ゼミナール単位で運営した模擬店、附属幼稚園や一般企業などによる展示。あすなろ会のアンパンマンショー、ウィンドアンサンブルコンサートやチアリーディングARROWSなどのステージ発表などを沢山盛り込み、親子連れでも楽しめる企画を幾つも揃えた。特に幼児保育学科企画の「こども百貨店」では、お買い物ゲームや造形製作を取り入れたアイディアあふれる企画を揃え、子どもたちから大人気。ステージ企画でもアンパンマンショーが子どもたちから絶大な人気を誇っていた。
 来場してくださったお客様が笑顔で帰っていただけるよう、学生たちは精一杯のおもてなしをし、満足のいく学生祭を終えることができた。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「南部道楽フェスティバル2008」に、八大生・八短大生ボランティア参加

  9月27日(土)、28日(日)の2日間の日程で「南部道楽フェスティバル2008」が、八戸市中心街と市役所前広場で盛大に開催された。
  27日(土)は廿三日町から三日町に掛けての通りで「道楽パレード」が行われ、その参加チームの一つとして、短大生20名が日本舞踊「泉彩菜」社中の子供たちと一緒に「八戸小唄流し踊り」を披露した。そのあとを八大生約30名と八短生6名が今年の三社大祭に参加した吉田産業グループの「山車」を引き、会場を盛り上げた。パレードは多少風があったものの好天に恵まれ、買い物の為に街に出ていた沿道のお客様から盛大な拍手をいただいた。この日のために練習を行っていた学生たちも満足のいく踊りが出来たようである。
  28日(日)は、多少小雨が降るあいにくの天気だったが、三春屋前の路上で「ニュースポーツ体験」が開催された。八大生2名と八短生2名がスタッフとして参加し、来場した子供たちに「ビーンボーリング」などの新しいスポーツの手ほどきを行い、充実した時間を過ごしていたようである。

八戸短期大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧