向上心を培う嬉しさがある

能登 のり子 さん
㈲能登学習塾取締役
1964年8月6日生
1987年3月八戸大学商学部卒
青森県立三沢高等学校出身
全珠連青森県支部委員
資格:教員免許(高等学校・商業科)
   珠算教育士

 能登のり子さんは、八戸大学商学部を卒業後、珠算塾に勤務、その後結婚。主婦業、そして二人のお子さん(高校生と中学生)の母親業をこなす傍ら、ご主人と【能登学習塾】を開塾し、その学習塾で主に珠算指導を担当している。
 【能登学習塾】では、幼稚園児から小学生、中学生が多数通っていて、平成13年には全日本通信珠算競技大会4年生以下の部で全国一となったことをはじめ、東北大会で多数の優勝者を輩出、また、八戸地方珠算競技大会で初出場から13年連続団体優勝するなど、とても指導力に定評があり、塾がある白銀地区はもちろんのこと、下長や白山台など遠いところからの通塾者も多い。またこの塾から巣立った生徒たちは、教員や市役所・海上保安庁などの公務員の他、一部上場企業の会計ソフトの会社に就職するなど多方面で活躍している。
 能登さんはこの珠算塾で指導していく中で特に嬉しいことは、指導に苦労した子どもが1級やそれ以上の段に合格できたときで、開塾当初は3級合格を目標にしていた子どもや保護者が多く見られたが、現在ではほとんどの人が1級ばかりでなく段の取得を目指すようになってきたことがとても良かったと思う。と話す。
 子どもの数が減少している中、ここ数年前から東京や大阪などの大都市をはじめ、全国的にそろばん人口が増えてきているそうだ。
 また能登さんはこの他にも、ご主人と共に八戸市内の小学校にボランティアとして出向き、「そろばんの授業」を展開している。今年から小学校3年生ばかりでなく4年生の教科書にも「そろばん」が載ったことにより、今後も需要が増えてきそうだ。
 今後の目標は、そろばん学習の最大のメリットである「暗算力」を一人でも多くの子どもたちに身につけてもらうために、さらに指導法を研究するとともに、フラッシュ暗算の導入など、これからも新しいことに挑戦していきたいと話す。
 また大学での勉強は社会に出てからの基礎となる重要なことばかり。後輩の皆さんも自分の夢の実現のために頑張ってほしいとメッセージを送ってくれた。

能登学習塾ホームページ
http://notojuku.hp.infoseek.co.jp/

学院キャンパスだより第13号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part13

株式会社ジーアイテック 代表取締役
青池俊司さん

プロフィール
八戸大学卒。卒業後市内の民間企業に就職。その後何度か転職をし、35歳のときに現在の会社である株式会社ジーアイテックを設立、代表取締役をつとめて現在3年目となる。

Q:学生時代の思い出を教えてください。
A:4年生のときにサンフランシスコの大学に福田弥夫教授と海外研修に行った事です。ダウンタウンで夫婦喧嘩に巻き込まれたり、英語がわからなくて日本語で押し通したり、今でもいい思い出ですね。
Q:ここまでたどり着くまでに苦労したことはありますか?
A:一生懸命やっているときは苦労していることに気づかずに夢中でやっているので、苦労を感じたことは無いですね。終わった後に「苦労してたなぁ」と感じることはあります。ただ夢中でやっている時には、そういうのは感じたことがないです。
Q:仕事をやるうえで目指していること、また気をつけていることはありますか?
A:採用や仕事などを通して青森を、最終的には東北全体を活性化させていくという事が目標ですね。また、仕事の仲間には上司や同僚の顔色を伺って発言を控えるのは絶対にするなと言っています。会社のためにも、個人のためにもならないので。
Q:最後に在学生へのメッセージをどうぞ。
A:若くて羨ましいですね!そんな皆さんにこの言葉を贈ります。「なりたいものになれ、なりやすいものになるな」。失敗した、という言葉は諦めた、という言葉と同じです。自分達の次の世代に、自信を持って「俺はこれだけの事をした」と言えるような大学生活にしてください。

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果てしない勉強が続いています。

 若松江美子さんは、八戸短期大学経営情報学科を卒業後、トヨタカローラ八戸に就職、総務の仕事をこなす傍ら書道家としての道も歩んでいた。その後、同社を円満退社し、現在は、幼い頃からの夢だった日本習字教室若松支部を開設、支部長として幼児から60代の人まで、幅広く硬筆や毛筆を指導している。
 若松さんが書道の道に入ったのは、幼少の頃、近所に日本習字の書道教室があり、そこに小学生のお兄さんやお姉さんが通っていたのを見て、自分も習字がしたいと思ったのがきっかけ。その後、書道という芸術の魅力に惹かれ、いつかは自分で教室を持ってみたいと思い日々精進してきた。小学生の時には既に段位を取得。中学生の時には生徒八段まで段位を伸ばし、その後、書道の大会で知事賞など数々の賞を受賞。短大在学時には日本習字の指導ができる五段位を取得(現在は日本習字七段)し、日本習字教育財団教授として認定されるまでに至った。
 書道の道に入って30年以上、まだ自分で納得のいく【書】を書き上げたことがないという若松さん。自分が完璧と思う=cd=b863書=cd=ba34を追及するため、まだまだ果てしない勉強が続いている。と笑顔で語りながらも芸術家としての片鱗を窺わせていた。
 学生時代は、八戸短期大学経営情報学科3期生として在学し、主にコンピュータに関する知識や簿記会計学を学んだ。短大時代は、他県出身者の友人が多く、様々な話が聞けて楽しかったと話す。
 プライベートでは、実家のご父母と共に暮らし、今のご主人と知り合い結婚。二人のお子さんを授かった。二人のお子さんも書道を習っており数々の賞に入賞している。
 現在は主婦業の傍ら書道教室を運営し、八戸市内の各小中学校から依頼のある卒業証書や表彰状などの賞状書きや、地域の子供会のお手伝い、数々の書道大会の行事の役員として多忙な日々を過ごしている。
 小学校の卒業アルバムの「将来の夢」に「習字の先生になりたい」と書いた若松さん、現在はその夢が叶って、書道教室を開設している。
 目標に向かって、頑張れば夢は叶うと思う。後輩の皆さんも夢に向かって頑張って欲しい。自分自身も、もっともっと勉強することがたくさんあるので、子供達に指導しながら頑張っていきたい。と後輩たちにメッセージを送ってくれた。

若松 江美子 さん
日本習字若松教室支部長

1970年5月21日生
1991年3月八戸短期大学経営情報学科卒
日本習字教育財団教授
日本習字七段

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part12

コニカミノルタビジネスソリューションズ
東北支店直販営業部
高橋一孝さん

プロフィール
盛岡工業高校-八戸大卒。仙台市内の民間企業勤務を経て一昨年転職。
学生時代はサッカー愛好会・軟式テニス同好会に所属した。

Q:学生時代の思い出を教えてください。
A:サッカー(愛好会でしたが市のリーグに所属)とバイトに明け暮れ、また学友会のお手伝いもしました。大学に入って初めてパソコンにさわり面白いと思い、情報関連企業に就職しました。
Q:営業の仕事をしているとのことでしたが、心がけていることとか教えてください。
A:転職して1年が過ぎ、飛び込みでの営業も多く、何回も通ってようやく会ってくれる。前の会社にいたときはルートセールスだったので、契約を取っても実感がなかったのですが、現在はやりがいがあり楽しい。転職してよかったと思っています。どうやったら自分自身を覚えてもらえるか、うまく自己アピールをするためにはどうしたらよいか日々考えています。
Q:就職で初めて仙台に来たわけですが、見知らぬ街での苦労話などありますか?
A:自分自身、大きいことをやりたいと思い仙台に来ました。今でも東京にあこがれている。都会でつらいこともあるが良いこともあります。思い切って新しい街に出てきてよかったと思っています。仙台に来て、転職も経験し自分自身も変わりました。
Q:最後に在学生にメッセージをどうぞ
A:就職して間もない頃は、大学でもっと遊んでおけばよかったと思ったときもありました。今は仕事が楽しくて休みの時も仕事がしたいと思っています。在学生の皆さんには、4年間で本当にやりたいことを見つけて欲しいと思っています。

八戸大学

学院キャンパスだより第12号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part11

Q.学生時代の思い出を教えてください。
A.生涯の友達ができ、先生方や事務の方と親密に接することができたことがいい思い出です。社会に出たあと、その有難味がよく分かりました。
Q.商売柄気をつけていること、大切にしていることを教えてください。
A.お店をやっているので、お酒に関しては勉強しています。酒蔵訪問をしたり、酒屋さんを通じて美味しいお酒を勉強しています。自分が美味しいと思ったお酒を一方的に「美味しい」というだけではなく、「これはこういう味です」とお客様や従業員に伝えること-難しいけれども頑張ってやっています。
Q.在学生にメッセージをどうぞ。
A.社会に出てからも学ぶことが多いけれども、今学んでいることが社会に出るためのステップになると思います。勉強も遊びも真剣に4年間突っ走ってください。
 それから、仙台に来たら是非店に寄って「八大です」といってくれれば嬉しいです。

仙台駅地下
「飯・魚・酒・肴 松島」
オーナー
高橋大輔さん

プロフィール
 仙台育英学園高校-八戸大学卒。
 卒業後は幸楽苑勤務を経て家業の玉屋商事㈱入社、現在は取締役。
 仙台市内でコンビニ6店の他飲食店などを運営する。
 学生時代は柔道部に所属した。

八戸大学

学院キャンパスだより第11号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part10

㈱細谷地 お客様担当 野竹雄介さん

プロフィール
 岩手県野田村出身。花巻東高校-八戸大学卒業(22回生)。
 卒業後は郷里の企業㈱細谷地ガス事業部にて営業を担当。
 学生時代は軟式野球部に所属

Q.学生時代の思い出を聞かせてください。
A.軟式野球部に所属し3年連続で予選を勝ち抜いて東日本大会に出場ベスト8まで進出したことです。
Q.今も続けている野球についての話しを聞かせてください。
A.小学校から野球を始め、中学校時代は東北大会3位入賞しました。現在は地元の野球チームに所属し一応エースピッチャーです。
Q.地元に絞った就職活動は厳しかったと思いますが、当時の苦労話や現在就職活動をしている在学生にメッセージをどうぞ。
A.就職活動にあたって一番言われたのが「大学生は自分の力で就職を勝ち取る」ということでした。その言葉を胸に刻んで一生懸命探しました。いろんな人から情報をもらい地元の商工会議所や職安、ジョブカフェにも何度も足を運びました。
 自分の力だけで限界があったので行き詰まったり悩んだりしましたが、就職支援課のみなさんのアドバイスの他、最後は同じ郷里の教職員に助けられ、今の会社に勤めることができました。
 在学生の皆さんには、頑張れば必ず自分に返ってくるので、あきらめずに頑張って欲しいです。

学院キャンパスだより第10号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part9

(社)青森県自動車協会八戸事業場
木 村 聖 子 さん

プロフィール
  宮古市出身、宮古商業高-八戸大卒、現在は県自動車協会八戸事業場にて車のナンバープレートの交付を担当する。学生時代は弓道部・学友会などで活躍した。

Q.学生時代の思い出を教えてください。
A.大学祭実行委員の一員として、イベントの企画や企業訪問をしたことです。先輩方や仲間達と夜遅くまで話し合いながら練った企画が、少しずつ形になる嬉しさは忘れられません。その他ではインターンシップに参加したことです。実際に企業で働く経験が学生のうちにできたことは、その後の就職活動や仕事にも役立っています。
Q.車のナンバープレートの交付を担当をしていると聞きましたが、どういうナンバーが人気ありますか?
A.一般的に自分の誕生日や記念日を申し込む方が多いですが、その他ではぞろ目や語呂合わせが人気です。「1122」(いい夫婦)や「8787」(はなはな)などですね。
Q.卒業後も八戸にそのまま残ったわけですが、八戸に残った理由と八戸の魅力を教えてください。
A.学生時代に出会った仲間達が八戸にいるということも理由の1つですが、住み慣れたというのが大きな理由ですね。私の出身地である宮古市に気候や土地柄が似ている為、初めからあまり違和感なく八戸に馴染んだ気がします。八戸は港町だけあって魚介類が美味しいのはもちろん、種差海岸などの景色のきれいな場所も多いので気に入っています。
Q.最後に卒業生や在学生にメッセージをどうぞ
A.4年間は長いようであっという間に過ぎ去るものです。たぶんこのことはほとんどの卒業生が実感していると思います。在学中に仲間達との楽しい思い出をたくさん作ることも大事ですが、同じように勉学に励むことも後々の自分の為に大事なことです。何を学びたいのか分からないという人でも、何かしらの資格は是非取得して欲しいと思います。

八戸大学

学院キャンパスだより第9号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB&OG訪問 part8

税理士試験に合格した
門 脇 輝 明 さん

プロフィール
 岩手県出身、水沢高校-八戸大学商学部-北海道情報大学大学院経営情報学研究科修了。現在㈱IBC岩手放送総務局経理部勤務。昨年冬、税理士試験5科目合格を達成した。大学時代はウインドオーケストラサークルに参加したほか、日商簿記講座の講師を務めた。

Q.5科目合格おめでとうございます。率直に今のお気持ちは?
A.大学在学当時から受験に取り組んできたため、10年以上の歳月を要しましたが、5科目合格という当初からの目標をようやく達成できてほっとしていているというのが率直な気持ちです。
Q.八戸大学に入って簿記に出会い、1級合格したわけですが、何がきっかけで簿記さらには税理士試験に取り組もうと思いましたか?
A.入学前、将来の目標は違うものを持っていたことから、入学して数週間は一体自分はここで何をしていけばいいのかと本当に悩んだりもしていました。しかし、課外講座で簿記検定の受検対策が行われるということを知り、特にも入学当時(平成7年)は、バブル経済崩壊後の不況の真只中であったことから、何か資格をと思い、とりあえず簿記に取り組むことにしたのです。
 その後、幸運にも3級、2級そして翌年には1級と合格することができ、さらにはそれよりも上、つまりは国家資格である「税理士」を目指そうと思いました。
Q.簿記以外の面で、学生時代の思い出を聞かせてください。
A.多くの良き友人に恵まれ、勉強や遊びにと、とても充実した4年間を過ごせたことであり、これは今の自分の人生にとって大きな財産となっています。
 また、4年間生活した八戸がとっても好きになりました。居住している盛岡と八戸は割と近いですので、今でも結構行き来しています。
Q.5科目合格まで辛かったことはありませんでしたか?
A.一番辛かったのは2科目目を合格した平成11年の後、3科目目に合格できた平成16年までの約5年間です。この間も平成13年以外は毎年受験していましたが、結果がついてこないので、さすがにもうやめようと思ったこともありました。
Q.最後に学生・教職員にメッセージをどうぞ
A.試験の合格は1人ではできません。これまでの多くの方々の支えがあってのことだと思います。八戸大学の教職員の方々には、在学当時はもちろんのこと、卒業後も応援してくださり大変感謝しています。
 今、地域の発展が必要なときです。大学のある青森県、私が仕事をし、居住している岩手県をはじめ東北地方にはその発展のための力があると確信しています。八戸大学が地域社会を活性化できる多くの人を輩出されることを祈念しております。
  学生の皆さんにはどんなことでもいいので、何かに熱中してください。大学生の時はそれができる最後の時間です。この時間を大切にしてください。
 そして、その熱中するものが「資格取得」である方へ。
 精一杯の努力を続けてください。特に難関資格ともなると、時には「自分は合格する能力はあるのだろうか?」などと考えてしまいがちですが、自分に限界を作らず、あきらめず、最後まで頑張ってください。
 受験は、周りの多くの方々の応援があってこそできるものです。その方々への感謝の気持ちを忘れないでください。合格後はたくさんの笑顔が待っています。その笑顔のために頑張ってください。

八戸大学

学院キャンパスだより第8号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」 OB&OG訪問 part7

▼盛岡商業高校教諭
小 松  了 さん

プロフィール
 岩手県出身、一戸高校-八戸大学卒(5回生)、遠野情報ビジネス校など岩手県内の高校勤務、平成14年より盛岡商業高校教諭。

Q.はじめに学生時代の思い出を教えてください
A.私たちの頃はクラブ活動などまだ活発ではなく、大学で友達と遊ぶのが中心でした。4年生になってから本格的に教職を目指し、就職浪人覚悟で内海先生の研究室に出入りし、先生から力をいただき、お世話になりました。事務局の手伝いをしたこともありました。
Q.「盛商」といえばお正月のサッカー日本一ですよね
A.国立競技場へ応援に行きましたが、「感動」の一言で、これ以外の言葉はありません。主将がうちのクラスの子でしたからなおさらでした。準々決勝以外の試合は見ました。
Q.教師としてのやりがいを教えてください
A.学校でやる仕事はどこも同じだと思いますが、生徒はそれぞれ個性があり違う。惰性では仕事ができないし常に新鮮です。卒業したあとに挨拶に来て、頑張って活躍していると聞くとうれしいです。
Q.最後に在学生にメッセージをどうぞ
A.インターネットを通じて大学の活躍をみていますが、OBとしてうれしいし、誇らしく思っています。学生時代の経験を生かして社会に出てからも活躍できるよう、充実した学生生活を送ってほしいです。

学院キャンパスだより第7号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「八戸大学」OB・OG訪問 part6

▼アールキャスト㈱営業担当
川 村  一 さん
プロフィール
 八戸商業-八戸大卒(16回生)。卒業後、八戸青果㈱に就職し、現在は人材派遣会社アールキャスト㈱営業担当。学生時代は学友会執行委員長、弓道部主将を務めた。

Q・はじめに大学時代の思い出を聞かせてください 
A・学友会や部活動(弓道部)を通じて、一生つきあえる仲間に出会えたこと、新しい学友会や大学祭づくりなどの目標に向かい、いい先輩や教職員に出会えたことがいい思い出です。
Q・学友会活動の思い出話を聞かせてください
A・学友会で初めて文化講演会やクリスマス企画を開催したときです。木に登り配線を行った手作りクリスマスイルミネーションと学生ホールを使ったクリスマス会を成功させたこと。文化講演会では、想像以上の方が日本全国から聞きに来てくださり、うれしかった反面、大勢の方を前に挨拶したとき緊張して大変でした。また、学友会誌「若草」を創刊したのもいい思い出です。
Q・現在の学生のイメージは?
A・昨年の同窓会大会の際、在学生のプレゼンを見ましたが、すごく成長したし、変わったなと思いました。自分たちの時にはそういった機会はなかったし、もう一度八大に入学して、もっと勉強したいと思いました。
Q・最後に在学生へのメッセージをどうぞ
A・人材派遣の仕事に携わっていますが、今、企業が求める人材は学力ではなく、何でもやるという前向きな姿勢です。常に新しいことにチャレンジすることを忘れず、勉学に励んでください。

学院キャンパスだより第6号

人気blogランキングへ にほんブログ村 教育ブログ

|